米、日本製鉄鋼に反ダンピング関税 商務省が正式方針

2017/3/31 9:02
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=河浪武史】米商務省は30日、日本やドイツなど8カ国・地域の炭素合金鋼が、米国で不当に安く販売されているとして、反ダンピング(不当廉売)関税を適用する方針を正式決定した。独立機関の米国際貿易委員会(ITC)が最終認定すれば、関税適用が確定する。

 日本製品には14.79~48.67%の税率を課す。商務省は昨年11月に反ダンピング関税の適用を仮決定し、不当廉売に当たるかどうかを調査してきた。対象国・地域は日独のほか、オーストリア、ベルギー、フランス、イタリア、韓国、台湾。中国製の炭素合金鋼については今年1月、適用方針を正式決定している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

米国商務省関税反ダンピング関税ダンピング

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:32
5:55
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報