アジア > コラム > Financial Times > 記事
アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]中国政府、大学で「西側の価値観」統制強化

(1/2ページ)
2017/4/25 17:11
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 中国が教育機関への圧力を強めている。習近平国家主席の思想統制を伴う反腐敗運動が知識階級に照準を合わせるなか、欧米の一流校との共同プログラムを運営する多くの大学も圧力を受けている。

大学構内に足止め

 3月半ば、中国共産党中央規律検査委員会の監察団が国内各地の主要大学29校に乗り込んだ。5月初めまで各校で監察を続ける。2人の消息筋によると、各校の学長など幹部は出張も全て取りやめて学内にとどまるよう指示されている。

中国・習近平政権はマルクス・レーニン主義教育復活を優先課題としている(2月、入試を前に気勢をあげる河北省の受験生)=ロイター

中国・習近平政権はマルクス・レーニン主義教育復活を優先課題としている(2月、入試を前に気勢をあげる河北省の受験生)=ロイター

 教育機関における腐敗摘発のほか、監察団は「政治的規律」に対する違反についても調べている。思想上の問題のほか、民主主義や言論の自由など「西側の価値観」の浸透も対象となる。

 習氏の下、共産党は教育におけるマルクス・レーニン主義の復活を優先事項に掲げた。一方、中国の一流大学の大半が欧米の大学と提携して共同プログラムや研究センターを運営している。米国のスタンフォード大、ニューヨーク大、デューク大、コーネル大、英国のノッティンガム大、リバプール大などだ。

 近年、欧米の大学はこぞって中国への進出を急いだ。割のいい収入源になることに加え、共同プログラムは中国人学生を引き寄せるマーケティングと募集の手段にもなる。

 だが、中国国内で学生を集めて教育しようとすれば、往々にして西側の伝統的な学問の自由と衝突する。米国で学ぶ中国人学生の数は、2000年の6万人から16年の33万人弱へと大きく増え、英国でも15年の数字で9万人を超えている。

 習氏は昨年、国内の大学に対し「党の指導体制の拠点」となることと、教育全体に「思想工作」を組み入れるよう求めた。政府当局は大学に対し、西側の価値観が染み込んだ海外の教科書の使用をやめるよう圧力をかけている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インドは送電事業から中国を締め出そうとしている(インド・グジャラート州にある火力発電所の送電線)=ロイター

ロイター

[FT]インド、電力部門から中国企業締め出しへ [有料会員限定]

 インドが自国の電力部門に対する中国企業の投資を封じる動きに出た。外資を引き付けたい願望と、南アジアでの中国の動きに対する疑念との相克を物語る。
 インドのゴヤル電力相は今週、インド企業に自国の電力部門…続き (5/25)

タイヤを使って体操をする南京の子供たち=ロイター

ロイター

人口世界一はインド? 中国が「過大見積り」か
(FT)
[有料会員限定]

 中国人の人口統計学者、易富賢氏の研究によると、インドが中国を抜き、世界最多の人口を抱える国になっている可能性がある。
 米ウィスコンシン大学マディソン校の科学者である易氏は、中国の当局者が1990年~…続き (5/24)

郭文貴氏は反腐敗運動を指揮する王岐山氏(写真)に批判の矛先を向けている=ロイター

ロイター

[FT]中国の苛烈な権力闘争、密室から表舞台へ [有料会員限定]

 共産党の最高幹部とその親族に対する生々しい汚職疑惑についてツイートしていないとき、中国の不動産王で、米ニューヨークで亡命生活を送っている郭文貴氏は、五番街のペントハウスでウエートリフティングに励む自…続き (5/23)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]