アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

アフガン爆発テロ、死亡80人に 「イスラム国」犯行声明

2016/7/23 22:24 (2016/7/24 0:31更新)
共有
保存
印刷
その他

爆発で負傷した人たち(23日、カブール)=AP

爆発で負傷した人たち(23日、カブール)=AP

 【イスラマバード=共同】アフガニスタンの首都カブールで23日、少数民族ハザラ人らによる抗議デモの最中に爆発があり、内務省によると、80人が死亡、231人がけがをした。過激派組織「イスラム国」(IS)系のニュースサイトが犯行声明を出し、アフガン当局はテロと断定した。

 アフガンでISはパキスタンと国境を接する東部ナンガルハル州などで台頭してきた。ISがカブールで大規模なテロを起こしたのは初めてとみられる。ハザラ人は多くがアフガンで少数派のイスラム教シーア派を信仰しているため、スンニ派のISや反政府武装勢力タリバン双方からしばしば襲撃の標的とされる。

 IS系ニュースサイトは「2人の戦闘員が装着した自爆ベルトをシーア派らの集会で爆発させた」としている。一方、タリバン報道担当者は報道機関に電子メールを送り、関与を否定した。

 デモは、計画中の送電線について、ハザラ人の多く住む中部バーミヤン州などを経由させるよう政府に変更を求めていた。数千人のハザラ人が参加しており、ISは大規模なシーア派のデモを狙ったとみられる。

 テロは23日午後2時半ごろ発生。現場は市南部でカブール大や動物園などが近くにあり、人通りも多い。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

イスラム国アフガン

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]