トランプ氏、中東和平交渉に娘婿関与させる考え

2016/11/23 20:20
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=平野麻理子】トランプ次期米大統領は22日、ニューヨーク・タイムズとのインタビューで、娘婿のジャレッド・クシュナー氏(35)をイスラエルとパレスチナの和平に向けた交渉に関与させる考えを示した。クシュナー氏はユダヤ教徒で、祖父母はホロコーストの生存者。

 トランプ氏はクシュナー氏について「和平交渉を仲立ちするのを助けてくれるだろう」と語った。さらに「私は中東和平を実現させる人間になりたい。素晴らしい成果になる」と語った。

 クシュナー氏は長女イバンカさんの夫で、選挙戦中から側近としてトランプ氏を支えている。敬虔(けいけん)なユダヤ教徒とされ、イバンカさんは結婚前に改宗した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 23:15
22:34
北陸 6:32
6:30
関西 23:41
6:01
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
21:30
21:29

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報