キューバ、農業分野に100億円投資 灌漑設備など整備

2017/4/21 19:38
共有
保存
印刷
その他

 【メキシコシティ=丸山修一】キューバ政府は2020年までに農業分野に9600万ドル(約105億円)を投ずる方針だ。灌漑(かんがい)設備の整備や種子生産の増強を進める。米国による経済封鎖の影響などで外貨が不足する一方で、多くの農産品を輸入に頼っている。農業の近代化を通じて食糧生産を拡大し、外貨流出の抑制につなげる。

 投資額の8割は主に外国からの協力プロジェクトなどから捻出する計画にしており、残りの2割に関してはキューバ政府が負担する。投資対象は灌漑設備に加えて、種子や有機肥料の生産、再生可能エネルギーの利用促進などとなりそうだ。これらの投資で主に都市圏や都市近郊、家族経営での農産品の生産拡大を進める。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

キューバ政府

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:32
中国 7:01
7:01
四国 12:30
7:01
九州
沖縄
6:00
27日 22:45

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報