アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

香港政府、「本土派」2議員の資格剥奪を画策

2016/10/19 21:41
共有
保存
印刷
その他

 【香港=粟井康夫】香港政府は中国からの自立を唱えて初当選した「本土派」の立法会(議会)議員2人の資格剥奪を画策し始めた。「香港は中国の不可分の領土」と定める香港基本法に違反したというのが理由だ。行政府が立法府に干渉するのは異例で、民主派陣営は「三権分立に反する」と反発を強めている。

 発端は12日の立法会開会式。各議員は就任にあたり基本法の順守を宣誓する必要があるが、本土派の新政党、青年新政から初当選した游●禎(●はくさかんむりに惠、25)、梁頌恒(30)の2氏は「香港は中国ではない」と書いた幕を掲げ、中国を蔑称とされる「シナ」と呼んだ。議会事務局は宣誓は無効と判断し、その後の審議への参加を拒んだ。

 親中国派出身の梁君彦・立法会議長は18日昼、游氏ら5氏の宣誓が無効だったと裁定を下すとともに、19日に再宣誓を認めることで幕引きを図った。

 だが香港政府トップの梁振英行政長官は18日夕、游、梁の2氏について「(先週の宣誓で)基本法に違反し議員資格をすでに喪失している。議長に再宣誓を認める権限はない」として、高等法院(高裁)に再宣誓の差し止めを求める訴えを起こした。高等法院は差し止め命令は却下する一方、議長裁定に対する司法判断を11月以降に示すとした。

 19日の本会議では過半数の議席を占める親中国派議員が「中華民族を侮辱した発言を謝罪するまで再宣誓は認められない」として一斉に途中退席したため流会となった。游氏らの再宣誓が宙に浮いたままの状態になっている。

 香港政府が本土派に強硬姿勢をとる背景には「香港独立の主張は容認できない」とする中国政府の意向があるとの見方が強い。梁長官は来年3月の長官選での再選を模索しているが「中央政府から出馬にゴーサインが得られておらず、北京に忠誠心をアピールする狙いがある」との臆測もある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

梁君彦香港特別行政区政府本土派中国香港梁振英

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]