Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]米朝首脳 誤算のリスク 疑心暗鬼、危うい駆け引き

(1/2ページ)
2017/4/20 2:00
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 1950年、米国の政府高官の不用意な発言と、北朝鮮政府の計算違いが重なったことが、朝鮮戦争の勃発につながった。

 今日、米朝両政府が再び誤算を重ね、紛争に突入する危険がある。世界は、朝鮮半島で再び戦争が始まるかどうかを注意深く見守っている。

 多くの歴史学者は、朝鮮戦争勃発のきっかけが、50年1月に当時のアチソン米国務長官がワシントンの記者クラブで行った講演にあったと指摘する。アチソン氏はアジアにおける米国の「防衛線(アチソン・ライン)」に言及し、朝鮮半島はその防衛線の外にあると示唆したのである。

 北朝鮮の当時の指導者だった金日成氏は、この発言から米国は明らかに韓国を防衛しない方針なのだと読み取った。それから5カ月後の6月25日、北朝鮮の大軍が北緯38度線を越え、韓国に侵攻した。

 しかし、金氏は読み違えていた。米国は参戦したのだ。この朝鮮戦争で、少なくとも何十万人もの命が失われ、後に米軍と中国軍が直接衝突する事態にまで発展した。しかも、この戦争は公式には終結していない。今日に至るまで正式な平和協定が結ばれないまま、朝鮮半島の和平は停戦協定のもとで保たれているにすぎない。

■米朝ともに先制攻撃辞さず

 アチソン氏の発言には無頓着さが表れていたが、トランプ米大統領の発言からわかるのは決意だ。トランプ氏は何としても北朝鮮の核開発計画を阻止すると公言しており、先制攻撃をも辞さないとの考えを強く示している。

 一方、北朝鮮が再び予想外の動きに出る危険性があることも明白だ。金氏の孫である現在の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は、祖父の軍国主義と孤立主義、偏執的な面を受け継いでいる。もし正恩氏が、米国が本気で北朝鮮への攻撃を考えていると判断したら、自分の方から先制攻撃することを考えるだろう。というのも、米国の戦争遂行計画には、早い段階での正恩氏の殺害が含まれているとの報道があるからだ。そうした話は、先に動こうという正恩氏の考えを一層、強めるだけだ。

 北朝鮮の最近の軍事訓練を見れば分かる通り、同国の軍事戦略は、核兵器を先制使用することで自国の敗北や壊滅を回避するというシナリオを想定している。米国の軍事専門家、ジェフリー・ルイス氏は最近、米誌「フォーリン・ポリシー」の電子版で次のように書いた。「正恩氏の戦略は核兵器の早期使用を念頭に置いている。つまり、米国が自分を殺害する前に、あるいは米軍特殊部隊が北朝鮮のミサイル関連施設を発見する前に核を使うということだ。……戦争するなら、先制攻撃が必要というわけだ」

 北朝鮮はまだ、米西海岸を射程に入れた核弾頭搭載ミサイルの開発を終えていないが、韓国や日本に核弾頭を落とせるミサイルは保有している可能性が高い。加えて、北朝鮮国境から35マイルほど(約56キロ)しか離れていない韓国の首都ソウルは、通常兵器による集中砲火を浴びれば壊滅する危険が高い。日韓両国は、北朝鮮が化学兵器を使用する可能性も強く懸念している。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トランプ氏が人種差別団体を名指しで非難しなかったことに抗議するデモが全米各地で起きた(13日、ニューヨークで)=ロイター

ロイター

[FT]トランプ氏切れぬ共和党 過去の選挙戦略が影響 [有料会員限定]

 米国にとって最も現実的な脅威は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長か、それとも自国のトランプ大統領か。理屈上は明らかに金委員長だ。ところが、米国の民主主義は常にトランプ氏の攻撃の射程圏内に置かれ…続き (8/18)

高層ビルが林立する中国・上海の金融街=ロイター

ロイター

[FT]中国、6.8兆ドルの「隠れ不良債権」か [有料会員限定]

 中国の金融システムに関する分析で最も影響力を持つアナリストの一人が、中国の不良債権は公式統計の数字を6.8兆ドル上回るとの推計をまとめ、中国政府が人為的に市場を安定させているために根本的問題が放置さ…続き (8/18)

セクハラ問題で6月に辞任した創業者のトラビス・カラニック氏=ロイター

ロイター

[FT]ウーバー、新たな資金調達計画で立て直し狙う [有料会員限定]

 配車サービスの米ウーバーテクノロジーズが新たな資金調達計画を立てている。一連の不祥事にさいなまれた同社は巻き返しを試みており、ピーク時の評価額680億ドル以上での調達を計画している。
 今回は通常とは…続き (8/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

8/19 23:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/14の予定>
  • 【国内】
  • 4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府、8:50)
  • 8月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 7月の投信概況(投資信託協会、15:00)
  • 4~6月期決算=富士フイルム、出光興産
  • 【海外】
  • 7月の中国工業生産高(11:00)
  • 7月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~7月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~7月の中国不動産開発投資(11:00)
  • タイ市場が休場
  • 7月のインド消費者物価指数(CPI)
  • 7月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 6月のユーロ圏鉱工業生産(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/15の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 7月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 6月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(1日開催分、10:30)
  • 4~6月期の独国内総生産(GDP、速報値)
  • 7月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の米小売売上高(21:30)
  • 7月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 8月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米企業在庫(23:00)
  • 8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 6月の対米証券投資(16日5:00)
  • 5~7月期決算=ホーム・デポ
  • 韓国とインドが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/16の予定>
  • 【国内】
  • 8月のQUICK短観(8:30)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 6月の対米証券投資(5:00)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4~6月の英失業率(17:30)
  • 4~6月期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(18:00)
  • 7月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、17日3:00)
  • 5~7月期決算=シスコシステムズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/17の予定>
  • 【国内】
  • 7月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 【海外】
  • 7月の豪雇用統計(10:30)
  • 4~6月期のフィリピン国内総生産(GDP)
  • 7月の英小売売上高(17:30)
  • 6月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表(7月20日開催分)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 8月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 7月の米鉱工業生産(22:15)
  • 7月の米設備稼働率(22:15)
  • 7月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2、ワシントン)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(18日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(18日2:45)
  • 5~7月期決算=ウォルマート・ストアーズ
  • インドネシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/18の予定>
  • 【国内】
  • なし
  • 【海外】
  • 7月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 4~6月期のマレーシア国内総生産(GDP)
  • 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(23:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]