トランプ氏、強硬派を登用 米民主党の反発必至

2016/11/20 0:08
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=吉野直也、川合智之】トランプ次期米大統領は国家安全保障担当の大統領補佐官にマイケル・フリン氏(57)、司法長官にジェフ・セッションズ上院議員(69)、米中央情報局(CIA)長官にマイク・ポンペオ下院議員(52)を指名した。テロ対策や安全保障の分野で人種差別など強硬な発言をする人物を登用したが、上院承認手続きで野党の民主党から反発を呼びそうだ。

■安保担当補佐官にフリン氏 イスラム教徒に厳しく

マイケル・フリン氏

マイケル・フリン氏

 国家安全保障担当の大統領補佐官に就くフリン氏は30年以上にわたり軍で情報畑を歩んできた。アフガニスタンやイラク戦争には情報将校として参加。オバマ政権で国防情報局長に就任したものの、中東政策で意見が折り合わず、任期途中で解任された。

 それ以降、オバマ大統領批判に転じた。共和党予備選に出馬したトランプ氏の目にとまり、外交アドバイザーとして起用された。トランプ氏はフリン氏の補佐官起用について「イスラム過激派組織を打ち負かすため、側近として迎え入れる」と説明した。フリン氏はイスラム教徒に対する厳しい発言で知られる。

 国家安全保障担当の補佐官は国家安全保障会議(NSC)を仕切る。ニクソン政権で米中国交正常化に道筋をつけた際のキッシンジャー氏もこの補佐官だった。現在はオバマ氏側近のスーザン・ライス氏が務める。フリン氏は大統領選で一時、副大統領候補にも名前が挙がった。

 フリン氏は日米同盟重視派と位置づけられる。10月に日本を訪問したときに日本経済新聞とのインタビューで「トランプ氏も今のような日米同盟が今後も続くと考えている」と指摘した。17日の安倍晋三首相とトランプ氏との初会談にも同席した。

 一方で対テロとの戦いではロシアとの協調を説き、トランプ氏の対ロ観にも影響を与えている。トランプ氏は選挙戦でテロ容疑者らの尋問方法として水責めなども提唱した。フリン氏もそれをも否定しなかった。国際人権団体はフリン氏の補佐官指名に関して「人権の原則を無視しており、深く憂慮する」との声明を出した。

■司法長官にセッションズ氏 目立つ人種差別発言

ジェフ・セッションズ氏=AP

ジェフ・セッションズ氏=AP

 司法長官に就任するセッションズ氏は南部アラバマ州選出の上院議員で、保守強硬派として知られる。トランプ氏支持を表明したのは2月。上院議員で最も早く、トランプ氏の最側近の一人だ。

 人種差別発言で長年批判を浴びてきた。黒人を弁護した白人弁護士を「白人の面汚しだ」と非難したほか、白人優越主義者の秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)を肯定的に語ったこともある。1986年に連邦判事に指名された際、上院は人種差別を理由に異例の非承認とした。

 司法長官に就任した後はメキシコ系不法移民やイスラム教徒への厳しい措置をとることが予想される。地球温暖化に懐疑的で、同性婚や女性の妊娠中絶の権利などにも批判的だ。民主党上院議員からは司法長官就任を拒否しようとする動きも出ている。

■CIA長官にポンペオ氏 容疑者の拷問を容認

マイク・ポンペオ氏=AP

マイク・ポンペオ氏=AP

 CIA長官になるポンペオ氏は陸軍出身で、2010年の下院選で保守派草の根運動「茶会」(ティーパーティー)の支持を受けて当選した。12年にリビアのベンガジで米大使ら4人が殺害された米領事館襲撃事件に関する下院特別委員会で、ヒラリー・クリントン国務長官(当時)に厳しい質問を浴びせた。

 CIA元職員スノーデン氏の暴露で、情報機関による市民の通話記録の大量収集が発覚し、オバマ政権は収集方法を見直した。ポンペオ氏はスノーデン氏を「死刑にすべきだ」と述べ、大量収集の再開を求めている。

 CIAによる容疑者の拷問を容認しているほか、イスラム教徒への差別発言で批判を受けたこともある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:02
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:00
7:05
北陸 6:10
6:01
関西 6:02
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:00
26日 21:52

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報