Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]緩和反対派を一掃、日銀審議委員人事案

2017/4/19 15:46
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 安倍政権は日銀の次期審議委員に、金融刺激策の支持者を含む2人を指名した。政策委員会で現行の金融緩和政策に反対していた最後のタカ派審議委員2人の後任で、金融刺激策の支持派が日銀を牛耳ることになる。

 政府は、日銀政策委員会のメンバー9人のうち次期審議委員として、三菱UFJリサーチ&コンサルティング上席主任研究員の片岡剛士氏と三菱東京UFJ銀行取締役常勤監査等委員の鈴木人司氏の2人をあてる人事案を衆参両院に提示した。

日銀政策委員会には緩和積極派が増える(都内の日本銀行本店)
画像の拡大

日銀政策委員会には緩和積極派が増える(都内の日本銀行本店)

 人事案が国会で承認されれば、日銀政策委メンバー全員が安倍首相による選任になる。つまり、日本に2%のインフレ率を取り戻そうという、いわゆるアベノミクスを支える積極的金融刺激策の支持派が政策委員会を占めることになる。

 そうなれば、日銀の黒田東彦総裁は一段の金融刺激策を提案しても強力な支持を得やすくなり、マイナス金利や大量の資産買い入れ政策から早期に退却する可能性を低減できそうだ。

 木内登英氏と佐藤健裕氏の両委員は黒田氏の政策に反対を続けてきた。7月に両氏が退任すれば、金融緩和策の継続に9人全員が支持に回る可能性がある。

 JPモルガン証券のエコノミスト、鵜飼博史氏は「最もタカ派の2人が退任し、新たにハト派1人と中道1人が加わるのだから、黒田総裁の金融緩和姿勢への反対はさらに少なくなるだろう」と言う。「日銀の全体的な姿勢は9月の政策決定会合以降、より積極緩和派(ハト派)のトーンに傾くかもしれない」

 片岡氏は積極的金融政策を強く支持することで知られている。原田泰審議委員など、金融緩和に積極的な「リフレ派」と共著を出したり、昨年秋にはリフレ政策の「再起動」を呼びかけた。

 鈴木氏の金融政策の立場はそれほど明らかではないが、マイナス金利に強く反対する日本の金融業界の立場を日銀の中で代弁することになりそうだ。とはいえ、退任する審議委員ほど強い立場にたちそうにはない。

 仮に黒田氏が18年春の任期満了時に総裁に再任されなくても、金融刺激策維持派が多数を占める可能性が今回の人事からうかがえる。黒田氏はすれすれで再任されるとみられているが、任期開始時には73歳になっており、次の5年の任期を全うできないかもしれない。

 日銀は2016年9月、10年国債の利回りをゼロ%に誘導する「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入した。短期政策金利である無担保コール翌日物金利はマイナス0.1%に維持し、長期国債の買い入れを年80兆円ペースに引き上げた。

 トランプ政権誕生後の数カ月間に、米国の金利上昇が円安につながり、日銀は目標とする2%のインフレ率を達成できるのではとの期待が再び高まった。日本のインフレ率は、4年に及ぶ刺激策にもかかわらずゼロ%近傍を推移し続けている。

 そのため、日銀の次期政策委員会は積極的な刺激策からの撤退を余儀なくされる可能性が高まった。アナリストの中には、リフレ派が支配する政策委員会では時宜を得た対応が困難なのではないかと懸念する声もある。

By Robin Harding(2017年4月19日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

11日、米ニュージャージーで北朝鮮のミサイル問題について報道陣に語るトランプ米大統領=ロイター

ロイター

[FT]米の再三の防衛誓約は日本の疑いの反映 [有料会員限定]

 ギリシャの哲学者プラトンは、聞こえのいい話を繰り返すことに害はないと言った。そしてきょう、米国は日本の防衛に対する責任を改めて確認する。トランプ米大統領就任以来、実に28回目となる。…続き (8/17)

米大手企業も米国のNAFTA離脱に懸念の声をあげ始めた(16日、NAFTA再交渉会合の記者会見後、握手を交わす左からライトハイザー米通商代表、フリーランド・カナダ外相、グアハルド・メキシコ経済相)=AP

AP

[FT]米カーギル、NAFTA離脱に反対表明 [有料会員限定]

 米穀物最大手のカーギルはトランプ米大統領に対し、北米自由貿易協定(NAFTA)からの離脱は、米国の経済と労働者に「破壊的」影響を及ぼす過ちになりかねないと警鐘を鳴らした。…続き (8/17)

パキスタンで燃やされるインド国旗。印パの建国の父たちは宗派対立は望んでいなかった=AP

AP

[FT]印パ分離独立70年、現代にも通じる教訓(社説) [有料会員限定]

 今週、インドとパキスタンでは祝賀と哀悼が絡み合っている。両国は大英帝国植民地からの独立と目覚ましい経済発展を祝う一方、ヒンズー教徒が多数を占めるインドとイスラム教徒が圧倒的に多いパキスタンに分割され…続き (8/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/14の予定>
  • 【国内】
  • 4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府、8:50)
  • 8月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 7月の投信概況(投資信託協会、15:00)
  • 4~6月期決算=富士フイルム、出光興産
  • 【海外】
  • 7月の中国工業生産高(11:00)
  • 7月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~7月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~7月の中国不動産開発投資(11:00)
  • タイ市場が休場
  • 7月のインド消費者物価指数(CPI)
  • 7月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 6月のユーロ圏鉱工業生産(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/15の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 7月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 6月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(1日開催分、10:30)
  • 4~6月期の独国内総生産(GDP、速報値)
  • 7月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の米小売売上高(21:30)
  • 7月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 8月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米企業在庫(23:00)
  • 8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 6月の対米証券投資(16日5:00)
  • 5~7月期決算=ホーム・デポ
  • 韓国とインドが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/16の予定>
  • 【国内】
  • 8月のQUICK短観(8:30)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 6月の対米証券投資(5:00)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4~6月の英失業率(17:30)
  • 4~6月期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(18:00)
  • 7月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、17日3:00)
  • 5~7月期決算=シスコシステムズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/17の予定>
  • 【国内】
  • 7月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 【海外】
  • 7月の豪雇用統計(10:30)
  • 4~6月期のフィリピン国内総生産(GDP)
  • 7月の英小売売上高(17:30)
  • 6月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表(7月20日開催分)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 8月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 7月の米鉱工業生産(22:15)
  • 7月の米設備稼働率(22:15)
  • 7月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2、ワシントン)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(18日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(18日2:45)
  • 5~7月期決算=ウォルマート・ストアーズ
  • インドネシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/18の予定>
  • 【国内】
  • なし
  • 【海外】
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(2:45)
  • 7月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 4~6月期のマレーシア国内総生産(GDP)
  • 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(23:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]