トランプ氏、会見で疑惑否定 特別検察官は「魔女狩り」

2017/5/19 10:13
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=大塚節雄】トランプ米大統領は18日、ホワイトハウスでの記者会見で「信じてほしい。共謀はない。私の選挙陣営もそうだが、少なくとも私自身とロシアの間ではゼロだ」と語り、ロシアとの関係を巡る疑惑を否定した。特別検察官の設置には「(司法省側の)動きは尊重するが、すべてが魔女狩りだ。国の分断をもたらす」と改めて非難した。

 訪米中のコロンビアのサントス大統領との共同会見だったが、ロシア疑惑が深まって以降、初めての公式会見とあって関心は疑惑に集中。トランプ氏は硬い表情に終始した。コミー前米連邦捜査局(FBI)長官に対し、フリン前大統領補佐官の捜査を終えるよう求めたかどうかを問われると「ノー、ノー。次の質問」と話を遮って否定した。

 訴追や弾劾の可能性が取り沙汰されていることには「全くばかげている」と反応し、「われわれは素晴らしい仕事をしてきた」と就任後の「実績」を強調した。「我々は偉大なFBI長官が必要だ」とも語り、次期長官候補を「すぐに公表する」と表明。新長官の指名を機に「この状況を終わらせたい」と語った。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

米国政府ドナルド・トランプ魔女狩り検察官ロシアFBI

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:01
関西 6:00
6:00
中国 6:32
6:25
四国 6:32
6:25
九州
沖縄
7:00
7:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報