英下院、核ミサイルの更新可決 メイ首相「脅威は拡大」

2016/7/19 10:31
共有
保存
印刷
その他

 【ロンドン=木寺もも子】英下院は18日、英国唯一の核戦力である潜水艦発射型戦略核ミサイル「トライデント」の更新を可決した。議決に先立ち、就任後初の議会答弁に臨んだメイ首相は「核の脅威は消えておらず、むしろ強まっている」と述べ、抑止力としての核戦力の必要性を訴えた。

 英海軍が1990年代から使っているトライデントを積んだ原子力潜水艦は2020年代後半に退役する予定で、政府はシステム全体の更新を目指していた。これまでもロシアや北朝鮮を現実的な脅威として挙げていたメイ氏は「英国が核戦力を放棄するのは極めて無責任だ」と答弁した。

 英国内には核廃絶を訴える声や、潜水艦4隻だけで少なくとも310億ポンド(約4兆2000億円)に上る巨額の費用への反発もあり、世論が割れていた。この日も議会前にデモ隊が集まった。

 議会では、与党の保守党が賛成の立場で、労働党内は賛否が分かれていた。労働党の公式見解は更新を支持してきたが、核廃絶を訴えるコービン党首は激しく反対し、党内の亀裂が深まっている。トライデントが配備されているスコットランドに基盤を置くスコットランド民族党(SNP)も更新に反対した。

 4隻の原子力潜水艦はそれぞれミサイル8基、核弾頭40発を搭載している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

メイトライデントミサイル核ミサイル

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 20日 7:01
20日 7:01
東北 20日 7:01
20日 7:00
関東 20日 7:01
20日 7:01
東京 20日 7:01
20日 7:00
信越 20日 7:00
20日 7:00
東海 1:31
1:31
北陸 20日 7:01
20日 7:01
関西 20日 23:10
20日 7:53
中国 20日 6:02
20日 6:00
四国 20日 6:02
20日 6:00
九州
沖縄
20日 21:59
20日 21:57

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報