パナマ大統領、口座情報共有「18年までに」 税逃れ対策

2016/4/19 1:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 パナマのバレラ大統領は18日、都内で日本経済新聞のインタビューに応じ「2018年までに経済協力開発機構(OECD)が主導する銀行口座情報の共有の枠組みに参加する」と言明した。各国首脳や著名人のタックスヘイブン(租税回避地)を利用しての税逃れを暴いた「パナマ文書」問題を受け、国際的な圧力が高まっていることに対応する。

 今週にもOECDの専門担当官がパナマを訪問し、情報交換の方法などの交渉を始めると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

バレラOECD銀行租税回避地

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:25
6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報