Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]EUは対トルコ関係の根本的見直しを(社説)

2017/4/18 19:07
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 16日のトルコ国民投票で有権者に渡された投票用紙に質問事項は印刷されておらず、ただ賛成か反対かを選ばせる書式だった。だが、エルドアン大統領にとって苦戦の末の辛勝となった投票結果は、トルコの歴史の転換点となる。新憲法により同氏は現代のスルタン(イスラム王朝の君主)となり、ほぼ縛りのない行政権を握る。エルドアン氏がトルコの政治機構を完全に従えることにも十分な可能性が生まれる。

 とはいえ、エルドアン氏が求めた圧倒的な支持は得られなかった。暫定の開票結果で賛成は51%と、辛うじて半数を超えるにとどまった。首都アンカラとイスタンブールでは反対票が過半を占め、与党・公正発展党(AKP)の牙城でも反対が上回ったところがある。紛争地帯の南東部でも、避難民となった人々の一部が投票できなかったにもかかわらず、少数民族のクルド人が改憲案を拒否した。

色あせた国民投票

 公式の押印のない投票用紙を有効と認めるという高等選挙委員会の決定が怒りを呼び、野党側は票の数え直しを要求している。政府の任命による高等選挙委員会の委員が結果を覆すことは想像しがたい。だが、非常事態宣言下で実施された国民投票は、明らかに不公平な選挙運動により色あせたものになった。メディアは抑え込まれ、反対派の主張に放送時間が割かれることはほとんどなかった。

 結果が僅差の勝利にとどまったことで、エルドアン氏が融和的な現実主義の構えを取る可能性はほとんどついえた。反政府勢力に対する粛清が終わることも、クルド人反体制派との協議が再開し、放置されたままの経済改革が始まることも、まず期待できない。

 エルドアン氏は、分断を引き起こす戦術とナショナリズムへの訴えかけが奏功したと総括するだろう。昨年のクーデター未遂事件後から続いてきた非常事態宣言を延長するとした16日の動きが、それを示唆している。エルドアン氏が新たな権限を完全に握るには、2019年までに行われる選挙で勝たなければならない。エルドアン氏は融和でなく戦いに勝算があるとみるだろう。

深まるEUのジレンマ

 トルコのパートナーである欧州諸国にとっては、ジレンマが先鋭化することになる。欧州連合(EU)はトルコ政府に対して控えめな反応を示しており、歩を進める前に国民的合意をまとめ上げるよう求めた。だが、このような内容の憲法はEU加盟の基準と相いれない。トルコのEU加盟交渉は長年、現実味の薄いフィクションだった。それが今、茶番になった。

 エルドアン氏は死刑制度の復活という威嚇を実行に移し、自ら幕引きをするかもしれない。そうなれば、もうEU加盟交渉は終わりだ。そうならない場合には、欧州側が早々に動かざるを得なくなるかもしれない。しかし、欧州側は貿易、安全保障、移民に関するトルコとの必要不可欠な取引を再構築する方法を見いださなければならない。反対票を投じた半数近いトルコ国民を見捨てることはできない。彼らは圧力や情報不足にもかかわらず反対の意思を表し、自分たちの権利の保護と民主主義の原則の擁護を欧州に頼ろうとしている。

 EUはトルコとの関税同盟の強化で経済関係を深められるかもしれない。これは取引に関する取り決めだが、やはり政治的統合に関わる措置も必要になる。トルコの司法制度は捕らわれの身であり、EU機関がトルコ政府に人権侵害に関する説明責任の履行を求める努力を続けることは必須だ。だがそれでも、かつてトルコの人々が希望を抱いた完全かつ対等な欧州内でのパートナーシップには遠く及ばない。トルコの西洋への道のりは常に険しく、数十年にわたる後退がありながらも、希望は消えていなかった。その希望も今、断たれてしまった。

 これはトルコにとって悲劇だ。エルドアン氏は、改革でも発展でもなく不和をもたらしている。これは、イスラム教徒が多数を占める国々の民主主義に対する打撃であると同時に、国民の投票によって独裁制へ向かう世界的な行進のさらなる一歩でもある。

(2017年4月18日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

関連キーワードで検索

エルドアントルコアンカライスタンブール

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アマゾンの生鮮食品配達はエリアがまだ特定の大都市に限られる(米マサチューセッツ州)=ロイター

ロイター

[FT]アマゾンが秘める小売業界支配の可能性(社説) [有料会員限定]

 アマゾンは従来の小売業の全てを駆逐するだろう。これは技術的、経済的な必然だ。インターネットによってオンラインショッピングが実店舗での買い物に勝るものとなる中、アマゾンはオンラインでは規模が全てである…続き (8/21)

フォルクスワーゲンが中国で展示した電気自動車のコンセプトカー「I.D.」(2016年11月、広州)=ロイター

ロイター

[FT]中国、独VWにEVで海外ブランド使用認めず [有料会員限定]

 中国政府機関は、独フォルクスワーゲン(VW)が中国国内で生産する電気自動車(EV)に海外ブランド名を使用するのを阻止しようとしている。世界最大の自動車市場である同国での海外自動車メーカーの競争力を制…続き (8/21)

トランプ氏が人種差別団体を名指しで非難しなかったことに抗議するデモが全米各地で起きた(13日、ニューヨークで)=ロイター

ロイター

[FT]トランプ氏切れぬ共和党 過去の選挙戦略が影響 [有料会員限定]

 米国にとって最も現実的な脅威は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長か、それとも自国のトランプ大統領か。理屈上は明らかに金委員長だ。ところが、米国の民主主義は常にトランプ氏の攻撃の射程圏内に置かれ…続き (8/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

8/21 17:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/21の予定>
  • 【国内】
  • 7月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、14:30)
  • 7月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 【海外】
  • 4~6月期のタイ国内総生産(GDP)
  • フィリピン市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/22の予定>
  • 20年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 7月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 7月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 8月の欧州経済研究センター(ZEW)の独景気予測指数(18:00)
  • インドネシア中銀が政策金利を発表
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/23の予定>
  • 6月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 7月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 7月のマレーシアCPI
  • 8月の仏購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 8月の独PMI速報値(16:30)
  • 8月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 米製造業購買担当者景気指数(PMI、8月速報値、IHSマークイット調べ、22:45)
  • 7月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が講演(24日2:05)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/24の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 7月の白物家電出荷額(JEMA、10:00)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 6月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 4~6月期の英GDP(改定値、17:30)
  • 米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(米ワイオミング州ジャクソンホール、26日まで)
  • 新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 7月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/25の予定>
  • 閣議
  • 7月の全国・8月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 7月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 7月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 7月のシンガポール鉱工業生産指数
  • インド市場が休場
  • 8月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 7月の米耐久財受注額(21:30)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(米ワイオミング州ジャクソンホールで、23:00)
  • ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が講演(米ワイオミング州ジャクソンホールで、26日4:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]