Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]EUは対トルコ関係の根本的見直しを(社説)

2017/4/18 19:07
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 16日のトルコ国民投票で有権者に渡された投票用紙に質問事項は印刷されておらず、ただ賛成か反対かを選ばせる書式だった。だが、エルドアン大統領にとって苦戦の末の辛勝となった投票結果は、トルコの歴史の転換点となる。新憲法により同氏は現代のスルタン(イスラム王朝の君主)となり、ほぼ縛りのない行政権を握る。エルドアン氏がトルコの政治機構を完全に従えることにも十分な可能性が生まれる。

17日、前日の国民投票の結果を受けてアンカラで演説するエルドアン・トルコ大統領=AP
画像の拡大

17日、前日の国民投票の結果を受けてアンカラで演説するエルドアン・トルコ大統領=AP

 とはいえ、エルドアン氏が求めた圧倒的な支持は得られなかった。暫定の開票結果で賛成は51%と、辛うじて半数を超えるにとどまった。首都アンカラとイスタンブールでは反対票が過半を占め、与党・公正発展党(AKP)の牙城でも反対が上回ったところがある。紛争地帯の南東部でも、避難民となった人々の一部が投票できなかったにもかかわらず、少数民族のクルド人が改憲案を拒否した。

色あせた国民投票

 公式の押印のない投票用紙を有効と認めるという高等選挙委員会の決定が怒りを呼び、野党側は票の数え直しを要求している。政府の任命による高等選挙委員会の委員が結果を覆すことは想像しがたい。だが、非常事態宣言下で実施された国民投票は、明らかに不公平な選挙運動により色あせたものになった。メディアは抑え込まれ、反対派の主張に放送時間が割かれることはほとんどなかった。

 結果が僅差の勝利にとどまったことで、エルドアン氏が融和的な現実主義の構えを取る可能性はほとんどついえた。反政府勢力に対する粛清が終わることも、クルド人反体制派との協議が再開し、放置されたままの経済改革が始まることも、まず期待できない。

 エルドアン氏は、分断を引き起こす戦術とナショナリズムへの訴えかけが奏功したと総括するだろう。昨年のクーデター未遂事件後から続いてきた非常事態宣言を延長するとした16日の動きが、それを示唆している。エルドアン氏が新たな権限を完全に握るには、2019年までに行われる選挙で勝たなければならない。エルドアン氏は融和でなく戦いに勝算があるとみるだろう。

深まるEUのジレンマ

 トルコのパートナーである欧州諸国にとっては、ジレンマが先鋭化することになる。欧州連合(EU)はトルコ政府に対して控えめな反応を示しており、歩を進める前に国民的合意をまとめ上げるよう求めた。だが、このような内容の憲法はEU加盟の基準と相いれない。トルコのEU加盟交渉は長年、現実味の薄いフィクションだった。それが今、茶番になった。

 エルドアン氏は死刑制度の復活という威嚇を実行に移し、自ら幕引きをするかもしれない。そうなれば、もうEU加盟交渉は終わりだ。そうならない場合には、欧州側が早々に動かざるを得なくなるかもしれない。しかし、欧州側は貿易、安全保障、移民に関するトルコとの必要不可欠な取引を再構築する方法を見いださなければならない。反対票を投じた半数近いトルコ国民を見捨てることはできない。彼らは圧力や情報不足にもかかわらず反対の意思を表し、自分たちの権利の保護と民主主義の原則の擁護を欧州に頼ろうとしている。

 EUはトルコとの関税同盟の強化で経済関係を深められるかもしれない。これは取引に関する取り決めだが、やはり政治的統合に関わる措置も必要になる。トルコの司法制度は捕らわれの身であり、EU機関がトルコ政府に人権侵害に関する説明責任の履行を求める努力を続けることは必須だ。だがそれでも、かつてトルコの人々が希望を抱いた完全かつ対等な欧州内でのパートナーシップには遠く及ばない。トルコの西洋への道のりは常に険しく、数十年にわたる後退がありながらも、希望は消えていなかった。その希望も今、断たれてしまった。

 これはトルコにとって悲劇だ。エルドアン氏は、改革でも発展でもなく不和をもたらしている。これは、イスラム教徒が多数を占める国々の民主主義に対する打撃であると同時に、国民の投票によって独裁制へ向かう世界的な行進のさらなる一歩でもある。

(2017年4月18日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。
GlobalEnglish日経版

GlobalEnglish 日経版

世界を目指す、全てのビジネスパーソンに。 ビジネス英語をレベルごとに学べるオンライン学習プログラム。日経新聞と英FT紙の最新の記事を教材に活用、時事英語もバランス良く学べます。

詳しくはこちらから

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

関連キーワードで検索

エルドアントルコアンカライスタンブール

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新たなキューバ政策を発表するトランプ米大統領(16日、マイアミ)=ロイター

ロイター

[FT]トランプ氏の強硬な中南米政策は虚勢(社説) [有料会員限定]

 今月、トランプ米大統領はマイアミで、オバマ前大統領が始めた歴史的な政策転換であるキューバとの関係改善を「取り消す」と宣言した。大統領選の序盤にキューバとの和解は「良いこと」だと述べたトランプ氏だが、…続き (6/26)

EUはグーグルが独占的な地位を利用して自社の買い物サイトに不当に誘導していると判断した=ロイター

ロイター

[FT]EU、米グーグルに競争法違反で1250億円の罰金 [有料会員限定]

 欧州連合(EU)は今週にも米グーグルに対し、検索市場における独占的地位を乱用しているとして、10億ユーロ(約1250億円)以上の罰金を科す見通しだ。この決定で、既に緊張している米国との関係はさらに悪…続き (6/26)

アマゾンはホールフーズの買収で、新鮮で安く、幅広い生鮮品を実店舗や消費者に届けようとしている=AP

AP

[FT]米アマゾンが目指す究極の小売り [有料会員限定]

 米アマゾン・ドット・コムという企業を理解できたと思いきや、同社にはまた驚かされた。実店舗を構える従来型の小売業者に容赦ない値下げ競争を仕掛けるネット通販大手が、米高級食品スーパーのホールフーズ・マー…続き (6/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<6/26の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(15~16日開催分、8:50)
  • 5月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 5月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 4月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 株主総会=日立建機、千代建、富士通、丸井G、SOMPO、MS&AD、第一生命HD、東京海上
  • 3~5月期決算=高島屋
  • 【海外】
  • シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、インドの各市場が休場
  • 6月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月の米耐久財受注額(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/27の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 1~3月期の資金循環統計速報(8:50)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 株主総会=国際石開帝石、キッコマン、味の素、東レ、三井化学、三菱ケミHD、テルモ、TOTO、新日鉄住金、日新製鋼、日立金、日製鋼、住友鉱、オークマ、富士電機、京セラ、日産自、日野自、タカタ、スクリン、あおぞら銀、オリックス、水戸、商船三井、NTT、セコム
  • 東証マザーズ上場=Fringe81
  • 【海外】
  • 夏季ダボス会議(中国・大連、29日まで)
  • 1~5月の中国工業企業利益(10:30)
  • 4月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 6月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が講演(28日0:15)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が英国学士院での討議に参加(ロンドン、28日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(28日6:30)
  • マレーシア、インドネシア市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/28の予定>
  • 株主総会=石油資源、日清粉G、日ハム、日清食HD、旭化成、積水化、武田、フジHD、大戸屋HD、東電HD、JXTG、三菱マ、住友電、SMC、ジェイテクト、東芝、エプソン、パイオニア、三井造、川重、マツダ、オリンパス、シチズン、大和、T&D、中部電、関西電、Jパワー
  • 3~5月期決算=Jフロント、ニトリHD
  • インドネシア市場が休場
  • 5月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁が講演
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/29の予定>
  • 5月の自動車8社の生産・販売実績
  • 5月の商業動態統計速報(経産省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 原田日銀審議委員が資本市場研究会で講演(都内、15:30)
  • 株主総会=大成建、大林組、清水建、鹿島、ハウス、日揮、明治HD、野村不HD、王子HD、大王製紙、日本製紙、信越化、宇部興、OLC、富士フイルム、出光興産、住友大阪、太平洋セメ、三井金、フジクラ、住友重、ダイキン、三菱電、GSユアサ、パナソニック、TDK、カシオ、ファナック、ローム、村田製、いすゞ、スズキ、ニコン、凸版、大日印、任天堂、セイコーHD、三菱UFJ、三井住友トラ、三井住友FG、SBI、岡三、東海東京、三井不、菱地所、日通、東ガス、大ガス
  • インドネシア市場が休場
  • 6月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • 海外3~5月期決算=ナイキ
  • ブラード・セントルイス連銀総裁が講演(30日0時)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/30の予定>
  • 閣議
  • 5月の全国・6月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 5月の家計調査(総務省、8:30)
  • 5月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 5月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 5月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
  • 5月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00ごろ)
  • 5月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
  • 北沢損保協会長が会見(14:00)
  • 6月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • ジャスダック上場=SYSホールディングス
  • マザーズ上場=ツナグ・ソリューションズ、GameWith
  • 6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:00)
  • 6月の中国非製造業PMI(10:00)
  • インドネシア市場が休場
  • 6月の独失業率(16:55)
  • 6月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 5月の米個人所得(21:30)
  • 5月の米個人消費支出(PCE)(21:30)
  • 6月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 6月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]