ロシア首相、択捉島訪問を表明

2015/8/17付
共有
保存
印刷
その他

 【モスクワ=田中孝幸】ロシアのメドベージェフ首相は17日、北方領土の択捉島で開いている「全ロシア青年教育フォーラム」について「とても興味深い。都合が合えば私は立ち寄るだろう」と述べ、24日までの開催期間中に同島を訪問する考えを示した。

 インタファクス通信が伝えた。メドベージェフ氏は7月、北方領土を訪れる考えを表明していたが、具体的な時期への言及は初めて。フォーラムを主催するロシア青年事業庁のポスペロフ長官も17日、メドベージェフ氏が参加するとの見通しを示した。

 日ロ両政府はプーチン大統領の年内訪日の地ならしと位置づける岸田文雄外相のロシア訪問を8月末とする日程で調整してきた。メドベージェフ氏が訪問を強行すれば、外相の訪ロが先送りされ、プーチン氏の訪日がさらに困難になる可能性がある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

メドベージェフプーチン岸田文雄ロシア

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 29日 7:01
29日 7:00
東北 29日 7:01
29日 7:00
関東 29日 7:01
29日 7:01
東京 29日 7:00
29日 7:00
信越 29日 7:00
29日 7:00
東海 30日 2:00
30日 1:31
北陸 29日 6:32
29日 6:30
関西 29日 6:02
29日 6:00
中国 29日 6:32
29日 6:28
四国 29日 6:32
29日 6:25
九州
沖縄
29日 1:31
28日 22:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報