Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]低金利、要因は金融市場にあり

2017/3/20 2:00
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースは今後どうなるのか。15日のFRBの利上げ後、そんな議論が盛んになった。だが、今は2010年代に入り、なぜこれほどの低金利が続いているかを考える好機でもある。

米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが今後どうなるかの議論が盛んになっているという
画像の拡大

米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが今後どうなるかの議論が盛んになっているという

 低金利の要因は一般的には2つあるとされる。一つはFRBなどの中央銀行が、過去に例を見ないような規模の量的緩和で意図的に政策金利を引き下げたこと。もう一つは、サマーズ元米財務長官らが唱える「長期停滞説」によって金利が押し下げられたことだ。

 サマーズ氏らによると、世界経済は構造的に総需要の大幅減少に見舞われている。市場金利の低さはその結果で、投資家の経済の先行き不安を示しているという。

 ところが、国際決済銀行(BIS)の経済顧問ヒュン・ソン・シン氏は講演で、この長期停滞説が完全な誤りではないかと問うた。この議論には大いに注意を向けるべきだ。なぜなら、もしシン氏の主張が正しければ、FRBの政策が今後、市場にどう影響を与えそうかも暗示しているからだ。

 シン氏は、近代の経済学者が「実体」経済の指標だけを観察し、金融システムが実際にどう機能しているかを考慮しない傾向があると指摘する。BISも以前、この傾向が、多くの政策立案者が08年の金融危機を予測できなかった一因だと論じた。経済学者らはクレジット・デリバティブ(企業の信用リスクを取引する金融派生商品)の急増など、金融市場が発する危険信号を見落としたという。

 08年の危機の後、中銀は政策決定方法をあっさり変更したように見えた。しかし今、シン氏はこの傾向が再び強まっていると懸念する。同氏は「長期債の利回りが経済の先行指標として過大評価されている可能性がある」と考える。

 実例として、シン氏は14年から16年にかけてのユーロ圏の長期債利回りの急低下を挙げる。急低下は当時、将来のユーロ圏のデフレと景気後退を予想する投資家心理の表れだとみられていた。BISは純額ベースで国債購入の4割を占めるまでになったドイツの生命保険各社を分析し、国債の大量購入はデフレを予測したからでも、よりリスクに寛容になったためでもないと結論付けた。

 むしろ、「会計規則とソルベンシー(支払い余力)規制」に縛られて、保険会社は国債の利回りが低下すれば、通常の投資論理に逆らってでも、リスクヘッジのために国債購入を増やさざるを得なくなるという。

 その結果、実体経済に悪影響が広がることになる。これには2つの意味合いがある。まず、欧米などの中銀がこれほど長期間、これほどの低金利を維持したのは誤りだったかもしれないことだ。量的緩和は保険会社などに論理に反する行動をとらせ、市場不安を増幅させた可能性があるからだ。

 また、将来の金利の動きが滑らかで市場を混乱させることはないと考えるのも短絡的だ。シン氏が指摘するように「利回りを押し下げた『増幅メカニズム』は逆方向にも働くことがある」ためだ。

 15日の利上げ後、米10年物国債の利回りは低下した。だが、投資家は「逆増幅メカニズム」の脅威を無視すべきではない。近年、多くの組織がひそかに過剰債務状態に陥っていることを考えれば、なおさらだ。そこには米政府機関も含まれる。

by Gillian Tett

(2017年3月17日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。
GlobalEnglish日経版

GlobalEnglish 日経版

世界を目指す、全てのビジネスパーソンに。 ビジネス英語をレベルごとに学べるオンライン学習プログラム。日経新聞と英FT紙の最新の記事を教材に活用、時事英語もバランス良く学べます。

詳しくはこちらから

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

関連キーワードで検索

BISFRB利上げペース低金利長期停滞説

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

襲撃事件の犠牲者を悼むろうそくがともった(23日、トラファルガー広場)=ロイター

ロイター

[FT]英テロ、冷静な反応が正しい(社説)

 英国の情報機関はかねて、欧州の諸都市で起きているのと同種のテロ攻撃が国内でも発生する恐れが強いと警告していた。それが現実になった。ロンドンのウエストミンスター橋で22日、英国生まれのハリド・マスード…続き (3/24)

平壌の開発地区を視察する北朝鮮の金正恩委員長(左)。北朝鮮はクルーズ船で外資を誘致する計画だ=KCNA・ロイター

朝鮮中央通信・ロイター

[FT]北朝鮮、カジノ備えた観光客船に外資を誘致

 外貨不足にあえぐ北朝鮮は、海洋観光を促進するため、国際観光船運航への外国投資家の誘致に乗り出した。同国は日本海に向け立て続けにミサイルを発射し、国際社会の怒りを買ったばかりだ。
 閉ざされた独裁国家の…続き (3/24)

宮殿の外側での襲撃現場。メイ首相は「卑劣なテロ行為」と発表した=PA・AP

PA・AP

[FT]ロンドン襲撃、首相脱出の緊迫 救命に議員奮闘

 高さ10フィート(約3メートル)の鉄柵、道路のバリケード、武装警官――。ドキュメンタリー映画の制作者は時折、一般市民とウエストミンスター宮殿(国会議事堂)のゴシック建築の内側にいる統治者との距離を表…続き (3/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<3/27の予定>
  • 【国内】
  • 2月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(3月15~16日分、8:50)
  • 2月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • マザーズ上場=ティーケーピー
  • 【海外】
  • 1~2月の中国工業企業利益(10:30)
  • 3月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/28の予定>
  • 閣議
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 2月期決算=ニトリHD
  • ジャスダック上場=No.1、ズーム
  • 1月のS&Pコアロジック・ケース・シラー米住宅価格指数(22:00)
  • 3月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/29の予定>
  • 2月の商業動態統計速報(経済産業省、8:50)
  • 2月の自動車各社の生産・販売実績
  • 東証1部上場=オークネット
  • タイ中央銀行の金融政策委員会
  • 2月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/30の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 東芝の臨時株主総会(幕張メッセ、10:00)
  • 2年物国債の入札発行(財務省、10:30)
  • 2月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • 3月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 東証1部上場=スシローグローバルホールディングス
  • マザーズ上場=ユーザーローカル
  • 10~12月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/31の予定>
  • 閣議
  • 2月の全国・3月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 2月の家計調査(総務省、8:30)
  • 2月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 2月の有効求人倍率(厚生労働省、8:30)
  • 2月の鉱工業生産指数速報(経済産業省、8:50)
  • 2月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
  • 2月の住宅着工戸数(国土交通省、14:00)
  • 清田日本取引所CEOの記者会見(15:30)
  • 3月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • ジャスダック上場=ネットマーケティング
  • 3月の中国製造業PMI(10:00)
  • 3月の中国非製造業PMI(10:00)
  • 3月の独失業率(16:55)
  • 3月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 3月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • 2月の米個人所得(21:30)
  • 2月の米個人消費支出(PCE)(21:30)
  • 3月のシカゴ購買部協会米景気指数(PMI)(22:45)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]