アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]印ATM再び紙幣不足、現金社会脱却に壁

(1/2ページ)
2017/4/17 15:06
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 インドのATMで再び現金が枯渇している。モディ印首相が大半の紙幣を突然廃止してから5カ月がたつが、インド準備銀行(中央銀行)は通貨を流通させる努力を怠っているとの非難がわき起こっている。

 政府関係者は高額紙幣の廃止後、現金供給は通常の状態に戻ったと繰り返し主張している。取引額の半分以上で紙幣が使われる同国は、紙幣廃止後に深刻な流動性危機に陥った。

インドでの紙幣流通量は廃止前の3分の2にとどまっている(昨年11月、ハイデラバード)=AP

インドでの紙幣流通量は廃止前の3分の2にとどまっている(昨年11月、ハイデラバード)=AP

 だが、今月に入りムンバイやバンガロール、チェンナイ、プネのATMが現金不足に陥ると、アナリストらは、準備銀は紙幣発行のペースを緩めるのが早過ぎたと指摘した。紙幣流通量は現在、廃止前の水準の3分の2にとどまっている。

 クレディ・スイスのリサーチアナリスト、アシシュ・グプタ氏は「政府は経済における現金の量を減らしたがっている」とした上で、「政府は新たな均衡では(現金比率を)引き下げたいと望んでいる」と話す。

 また、紙幣に「希少価値」が生じる可能性があることから「ため込む傾向が強まっている」と指摘した。

 紙幣廃止は、腐敗や「ブラックマネー」の摘発を目的とするだけでなく、国民の半分しか銀行口座を持たない同国をデジタル決済社会に移行させる取り組みでもあるとうたわれていた。だが、紙幣廃止はかえってこの目的を脅かしているかもしれない。

 アンビット・キャピタルのシニアエコノミスト、リティカ・マンカー氏は「現金を手に入りにくくすることで、必ずしもデジタル取引を拡大できない」とした上で、「これでは経済活動を窒息させるだろう。その大半が非公式経済だからだ」と指摘した。

 同氏はまた、インドでは大部分が現金ベースである非公式経済が雇用で70%、国内総生産(GDP)では40%を占めると述べた。

 インド準備銀行のある関係者によると、4つの造幣所の職員は24時間体制で2000ルピー札と500ルピー札を印刷している。

 準備銀のデータでは1月以降、流通通貨の量が最低時の8兆9000億ルピー(約15兆円)から2月17日には11兆3000億ルピーへと安定して増えている。だが、これは昨年11月8日の高額紙幣廃止以前の量の3分の2に満たない。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

インド準備銀行紙幣廃止通貨供給量ATM

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パキスタンで燃やされるインド国旗。印パの建国の父たちは宗派対立は望んでいなかった=AP

AP

[FT]印パ分離独立70年、現代にも通じる教訓(社説) [有料会員限定]

 今週、インドとパキスタンでは祝賀と哀悼が絡み合っている。両国は大英帝国植民地からの独立と目覚ましい経済発展を祝う一方、ヒンズー教徒が多数を占めるインドとイスラム教徒が圧倒的に多いパキスタンに分割され…続き (8/17)

香港上場の国有企業30社超が、会社の中核に共産党を据える文章を定款に加えたことで、海外投資家の間で懸念が広がっている=ロイター

ロイター

[FT]中国の主要企業30社超の定款「党が方向性管理」 [有料会員限定]

 中国共産党が国内最大級の多くの企業の定款に党の存在を書き込んだことで、中国政府が市場に対する統制を緩めるとの投資家の期待に打撃を与えている。
 株式時価総額が合計で1兆ドルを超える香港上場の国有企業3…続き (8/16)

米朝で扇情的な言葉の応酬が続いている。トランプ米大統領(右)は今以上の脅威を北朝鮮がもたらす場合「世界が見たこともない炎と怒り」で応えると話した。一方北朝鮮当局は米領グアム島の攻撃を検討していると述べた。左は北朝鮮の金正恩委員長=AP

AP

[FT]米朝緊迫 トランプ氏、相反する助言で板挟み [有料会員限定]

 最初はハンバーガーだった。今度は「世界が見たこともない炎と怒り」だ。
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に対するトランプ米大統領の申し出は、わずか1年あまりで、ファストフードの夕食への招待から…続き (8/10)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]