サムスン改革に打撃 トップ逮捕
持ち株会社移行など

2017/2/17 11:47
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子は、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の逮捕で、事実上のトップ拘束というグループ創立以来初めての難局を迎えた。サムスンを持ち株会社に移行する「企業統治改革」の停滞やグループ首脳人事の延期など経営に与える打撃は大きい。一方、特別検事はこの逮捕をテコに本丸である朴槿恵(パク・クネ)大統領の聴取へ前進する。

 サムスンは2016年11月下旬、持ち株会社制移行の検討と大幅増配…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料!お申し込みはこちら

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
7:05
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 15:02
6:03
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報