アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

韓国検察、大手財閥SK幹部3人を聴取

2017/3/16 19:11
共有
保存
印刷
その他

 【ソウル=山田健一】韓国検察は16日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の疑惑捜査の一環で同国3位の大手財閥SKの幹部3人を検察に呼んで聴取した。SKが、朴氏の友人の崔順実(チェ・スンシル)被告が実質支配した2つの財団に111億ウォン(約11億円)を拠出したことを巡り、賄賂性の有無を確認したとみられる。

 サムスンやSKなどの大手財閥は、2つの財団に多額の資金を拠出した。政府から独立した立場で疑惑を調べた特別検事は、サムスンが提供した資金を賄賂とみて、朴氏を崔被告と共謀した収賄の容疑者に認定した。検察がサムスン以外の資金疑惑の捜査を本格化させるか注目される。

 SKは横領の罪で服役していたトップが2015年に朴氏の恩赦を受けた。検察関係者は「証拠の確認のために呼んだ」と語り、中身を明かしていないが、恩赦が資金拠出の対価だった可能性に着目しているとされる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

朴槿恵崔順実SKサムスン韓国大手財閥財閥

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]