速報 > 国際 > 記事

FRB議長、年前半の利上げに意欲 3月含め「数回で判断」

2017/2/15 0:00 (2017/2/15 1:33更新)
保存
印刷
その他

 【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は14日、米上院銀行委員会で証言し、焦点の追加利上げは「今後数回の会合で判断する」と述べた。3月中旬の次回会合も排除せず、年前半の金融引き締めに意欲をみせたものだ。トランプ政権の財政拡張策には「長期的な経済成長や持続可能な財政収支との両立が重要だ」と注文を付けた。

 FRBは昨年12月に1年ぶりの利上げに踏み切り、2017年は年3回の引き締めを想定している。市場は次回の利上げ時期を注視しているが、イエレン氏は上院委での証言で「追加利上げの条件は、雇用と物価が想定通りに改善するかどうかだが、今後数回の会合で判断するつもりだ」と主張した。

米上院銀行委員会での証言に臨むFRBのイエレン議長(14日)=ロイター
画像の拡大

米上院銀行委員会での証言に臨むFRBのイエレン議長(14日)=ロイター

 FRBは3月14~15日に次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、その後は5月初旬、6月中旬にも会合がある。金融市場は6月の利上げを最有力視しているが、イエレン氏の発言は3月の次回会合も排除せず、6月までの会合で追加利上げする考えを示唆したものだ。イエレン氏は「利上げを先延ばししすぎるのは賢明ではない」とも強調した。

 トランプ政権の財政拡張策にも注文を付けた。税財政政策は「生産性の改善が目的で、長期的な経済成長と生活水準の向上につながることが重要だ」と指摘した。FRBは労働市場が完全雇用に近づいたとみており、大型の景気刺激策を打てば、想定以上のインフレ圧力をもたらす可能性があると懸念している。

 そのうえでイエレン氏は「持続可能な財政収支との両立を望んでいる」とも主張。トランプ政権の大型減税によって、財政が急激に悪化するリスクにも警戒感をにじませた。

保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:01
7:01
北陸 6:05
5:59
近畿 7:00
6:26
中国 11:48
11:48
四国 11:50
11:50
九州
沖縄
2:02
22日 21:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報