パリで銃撃や爆発、少なくとも39人死亡
大統領が非常事態宣言、国境閉鎖を表明

2015/11/14 8:08
共有
保存
印刷
その他

 【パリ支局】13日夜、パリ市路上で何者かが発砲し、現場にいた多数の市民が死傷した。パリ郊外のサッカースタジアムでも爆発が発生。パリ市内の劇場では数十人が人質にとられ、何者かが立てこもっているという。仏メディアによると、少なくとも39人以上が死亡した。

 オランド大統領は13日深夜にテレビ演説。緊急事態を宣言し、国境を閉鎖すると表明した。その上で「テロを制圧するためにすべての力を動員する」と強調。「さらなるテロは起こさせない」と力を込めた。

 パリで同時多発的に事件が発生したが、現時点ではその関係性や背景は不明。治安当局はテロの可能性を含めて捜査を進める方針だ。オランド大統領とカズヌーブ内相はパリ市内の現場に急行すると表明したほか、深夜に閣僚会議を開いて、対応を協議する。

 オバマ米大統領は「無辜(むこ)の市民を恐怖に陥れる企てだ」と事件を非難した。ユンケル欧州委員長は「深いショックを受けた」と述べ、フランスに対して連帯する意を表明した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

オランドオバマパリ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:00
24日 7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 24日 12:30
24日 7:01
東京 24日 7:01
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 6:30
5:30
北陸 24日 6:02
24日 6:00
関西 6:00
6:00
中国 24日 7:02
24日 7:01
四国 24日 7:01
24日 7:01
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報