FinTech

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アリババ系、インドネシアで電子決済 スマホ向け

2017/4/13 22:58
共有
保存
印刷
その他

 【ジャカルタ=鈴木亘】中国電子商取引(EC)最大手、アリババ集団傘下の金融会社、アント・フィナンシャルはインドネシアに進出する。地元メディア複合企業のエムテック・グループと合弁会社を設立し、スマホアプリ向けの決済サービスに乗り出す。同国は銀行口座の保有割合が5割未満。スマホの普及を追い風に電子決済ビジネスの参入が相次いでいる。

 合弁会社はエムテックの投資子会社が61%、アントが39%を出資。カナダのソフト開発企業、ブラックベリーの対話アプリ「BBM」向け決済機能を開発する。インドネシアでは数年前にブラックベリー端末が大ヒットしBBMの利用者が6千万人以上いるとされる。

 テレビ事業が主力のエムテックは2016年にブラックベリーとライセンス契約を締結。BBMをゲームや通信販売機能も備えたプラットフォームに活用する戦略を進めてきた。今回の合弁で独自の決済手段を導入し、幅広いサービスの支払いがアプリ内で可能になる。

 島しょ国のインドネシアでは銀行支店やATMが行き届かず、決済手段がネット通販普及などのネックだ。足元では配車アプリのゴジェックやグラブも電子決済サービスに力を入れる。アリババ系の参入で競争が一段と激しくなりそうだ。

 アリババ集団は、タイ最大財閥、チャロン・ポカパン(CP)グループとも電子決済分野で提携している。

FinTechをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

FinTech 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

第一生命保険は米プロテクティブ生命の買収で海外への足場を確立した(東京・千代田の日比谷本店)

生保にフィンテック AI・ビッグデータ駆使 [有料会員限定]

 生命保険大手が人工知能(AI)やビッグデータを駆使した「フィンテック保険」の開発を進めている。第一生命ホールディングス(HD)は糖尿病患者らが入れる保険商品の開発に着手。住友生命保険などは腕時計型の…続き (4/26)

三菱東京UFJ銀行

新送金システム国内連合、三菱東京UFJも参加

 三菱東京UFJ銀行は、みずほフィナンシャルグループや横浜銀行などで構成する新送金システムの検討グループに参加する。仮想通貨の中核技術である「ブロックチェーン」を活用し、低コストで送金する仕組みの構築…続き (4/24)

情報やクーポン、LINEで配信 群馬銀、アカウント開設 [有料会員限定]

 群馬銀行は24日、対話アプリのLINEで企業用アカウントを開設した。アカウントを通じ、群馬県に関する情報やコンビニなどで使えるクーポンを配信する。同行がLINEを通じて情報配信するのは初めて。若年層…続き (4/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月27日付

2017年4月27日付

・イスラエル発、サイバー防衛 相次ぐ情報流出、国内企業向けに参戦
・弘前大、歩き方、センサーで計測
・がん細胞に10分で大穴 日本抗体医薬が治験めざす
・JFEエンジ、汚泥の焼却排熱で発電 下水処理場で電気代削減
・残価設定ローン使いやすく…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト