アジア > コラム > Financial Times > 記事
アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]インドの税制改革、導入は慎重に(社説)

2017/4/13 13:39
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 インドは議会闘争の曲折を経て、州ごとに異なる間接税を一体化する物品サービス税(GST)をようやく導入しようとしている。世界最速で成長する主要経済国のインドは、GSTで恩恵を受ける可能性がある。モディ首相の与党インド人民党(BJP)の思惑通りにいけば、GSTは7月1日に導入される。インド議会で最初にGSTが提案されたのは11年前のことだった。

 この新たなGSTは、70年前のインド独立以来、類を見ないほど野心的な改革だ。また同時に、規制緩和や民営化が始まった1990年代初期以降、同国で最も大きな影響を与える経済発展になる可能性もある。とはいえ、期限となっている7月1日に慌ててGSTを導入するのは大きな過ちだ。

「納税のしやすさ」国別ランキングで190カ国中172位

インドの物品サービス税(GST)導入には慎重な準備が求められる(インド南部のケララ州の徴税検問所で積み荷の審査を待つトラック運転手)=ロイター

インドの物品サービス税(GST)導入には慎重な準備が求められる(インド南部のケララ州の徴税検問所で積み荷の審査を待つトラック運転手)=ロイター

 少なくとも中央政府と地方州ごとに異なる15の税法を国レベルで一体化するGSTは、申し分なく良い発想だ。議会では超党派の圧倒的な支持を受けている。

 世界銀行が今年調査した「納税のしやすさ」の国別ランキングで、インドは190カ国中172位だった。この新たなGSTは、脱税や事務作業、汚職や物流費用を減らしながら、インドの順位を押し上げるかもしれない。一部には、GSTが中期的にインドの国内総生産(GDP)を2%も押し上げる可能性があるとする推計もある。

 現在、インド製のモノの最終消費財価格の約25%は税金が占める。州の境界や至る所で課せられる多くの州税が存在するためだ。インドのGDPに占める製造業の割合はわずか16%と、中国のそれの半分以下であることから、インドの複雑な税制が非難されることはよくある。

 インドの人口13億人のうち、所得税を支払っているのは1250万人にすぎない。GSTが適切に策定されて施行されれば、税収基盤を拡大する一方で、消費者物価を下げ、消費を刺激できるはずだ。

 しかし、ここに極めて重要なポイントがある。インドが法律を適切に策定して施行する国だという評判を聞かない点だ。中央政府と地方各州との間で政治的な妥協を重ねたせいで、一度は見据えた全国単一の単純な税率という構想が、既に5~28%の異なる4つの税率へと姿を変えている。そして、どの品目にどの税率が適用されるのかもはっきりしていない。

性急な導入はインフレ急騰などの懸念も

 事業会社にとって最悪な結果は、お粗末な策定と施行能力のなさがあだになって、州政府とインド政府が施行後数カ月でGSTを見事に失敗させてしまうことだ。性急な導入が予算不足やインフレの急騰、州を越えるトラックの長い列、そして、一部の生活必需品の不足さえも引き起こしかねないのは、火を見るより明らかだ。インドに比べてはるかに小さく、より均一性があり、効率的な経済国であるオーストラリアの事例を見ても、1999年に議会でGSTが可決されてから導入までに1年かかっており、今となってはそれでも早すぎたという見方が一般的だ。

 GSTはインド議会で直面していた最終障壁を3月後半に乗り越えたばかりで、どの品目がどの税率で課税されるかは来月決定される予定だ。インドの事業会社がこの極めて重要な新税制に対応するまで、あと6週間しかないと気づいて衝撃を受けただろうことは想像に難くない。いまや多くの事業会社が、長年提言してきた改革に抗議の声を上げている。

 モディ政権は、導入を急げば、広く支持を集める提案に傷をつけることになると認識しなければならない。現行の法律では9月前ならいつでも新税制を導入できるようになっている。もっとも、超党派の支持を得ていることを考えればこの期限でさえも恐らく延期可能だろう。インドはもう既に長いこと待っていたのだ。GSTをきちんとなし遂げるために、もう数カ月くらい待てるだろう。

(2017年4月13日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/) 

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インドは送電事業から中国を締め出そうとしている(インド・グジャラート州にある火力発電所の送電線)=ロイター

ロイター

[FT]インド、電力部門から中国企業締め出しへ [有料会員限定]

 インドが自国の電力部門に対する中国企業の投資を封じる動きに出た。外資を引き付けたい願望と、南アジアでの中国の動きに対する疑念との相克を物語る。
 インドのゴヤル電力相は今週、インド企業に自国の電力部門…続き (5/25)

タイヤを使って体操をする南京の子供たち=ロイター

ロイター

人口世界一はインド? 中国が「過大見積り」か
(FT)
[有料会員限定]

 中国人の人口統計学者、易富賢氏の研究によると、インドが中国を抜き、世界最多の人口を抱える国になっている可能性がある。
 米ウィスコンシン大学マディソン校の科学者である易氏は、中国の当局者が1990年~…続き (5/24)

郭文貴氏は反腐敗運動を指揮する王岐山氏(写真)に批判の矛先を向けている=ロイター

ロイター

[FT]中国の苛烈な権力闘争、密室から表舞台へ [有料会員限定]

 共産党の最高幹部とその親族に対する生々しい汚職疑惑についてツイートしていないとき、中国の不動産王で、米ニューヨークで亡命生活を送っている郭文貴氏は、五番街のペントハウスでウエートリフティングに励む自…続き (5/23)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]