アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

アリババ「独身の日」商戦1.8兆円 日本が売れ行き首位

2016/11/12 10:49
共有
保存
印刷
その他

 【深圳=小高航】中国の電子商取引(EC)大手、アリババ集団(浙江省)は12日、ネット上で11日に実施したセールの総取引額が1207億元(約1兆8900億円)だったと発表した。前年比で32%増え、馬雲会長は「中国の個人消費の潜在力が非常に大きいことを示した」と述べた。

 中国で「独身の日」と呼ばれる11日のセールでは10万以上の企業やブランドが参加した。特に海外ブランドが人気で、利用者の37%が海外製品を購入した。国別の売れ行きでは日本がトップで、米国と韓国が続いた。日本ブランドでは「ユニクロ」やパナソニックが上位に入った。

 24時間のタイムセールで注文を受けた荷物は6億5700万個で、総取引額のうち82%がスマートフォン(スマホ)などの携帯端末を使って注文された。アリババの「独身の日」セールは今回で8回目で、馬会長は「いずれは欧米や日本でも開催したい」と話した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]