失望招いた未完の理想 オバマ政権8年

2017/1/12 0:23
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 「エ・プルリブス・ウヌム(多様から生まれた統一)」。米国の国章や硬貨には、ラテン語でこう刻まれている。13州が団結し、英国からの独立を勝ち取った歴史を象徴する言葉だ。オバマ大統領はこの言葉を好んだ。「チェンジ(変革)」や「ひとつの米国」という自身の理想を重ね合わせていたのだろう。

 イラク・アフガニスタン戦争とリーマン・ショックで疲弊し、政治や人種の分断に悩む米国。リベラルで国際協調を重んじるオバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:02
6:01
中国 9:18
9:08
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
22日 21:38

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報