Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]危険領域に足を踏み入れるトランプ大統領(社説)

2017/5/11 14:28
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 トランプ米大統領は、その気性や経歴、構想において、米国の政治制度にとってアウトサイダー的な存在だ。大統領選の候補者としては、それが同氏の魅力の根幹をなしていた。しかし、異質な存在であることに得意げになっている政治制度の中で、トランプ政権の成功は建設的に任に当たる氏の能力にかかっていた。コミー米連邦捜査局(FBI)長官の解任に続くであろう危機は、異質な大統領が改革を約束した政治制度を致命的に弱体化させる危険を明示している。

「クリントン私用メール」問題で指導力に疑問

トランプ米大統領によるコミー米連邦捜査局(FBI)長官解任で、様々な政治課題の進展の遅れが懸念される(10日、ワシントンのホワイトハウス前で、コミーFBI長官解任に抗議する人々)=ロイター
画像の拡大

トランプ米大統領によるコミー米連邦捜査局(FBI)長官解任で、様々な政治課題の進展の遅れが懸念される(10日、ワシントンのホワイトハウス前で、コミーFBI長官解任に抗議する人々)=ロイター

 少なくとも2016年11月以降、コミー氏を排除するだけの理由は十分にあった。コミ-氏は16年7月、クリントン元国務長官の私用メール問題で、訴追の証拠が不十分だったため捜査を打ち切ったと発表する役を買って出た。これは前例を破る行為で、司法省の権限を侵害した。その後、大統領選直前になってコミ-氏は、クリントン氏のさらなるメールが見つかったと発表し、捜査を再開した。だが、メールには重要な要素は何も含まれておらず、再捜査の発表は、つたなく、利己的なパフォーマンスでしかなかった。

 コミ-氏の指導力に対する疑問で、目の前にある危機の中核をなす事実から注意がそれてはならない。コミ-氏は9日午後まで、選挙中のトランプ陣営とロシア政府との関連について捜査の指揮を執っていた。したがって、トランプ氏は適正な手続きに介入し、法を超越する立場に自らを位置付けるという非難に身をさらすことになった。とんだ計算違いだ。

 トランプ氏がフリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)を更迭せざるを得なくなった際、トランプ政権はロシアに関する捜査の重大性を渋々認めた。セッションズ司法長官もまた、それまで公表していなかったロシア大使とのワシントンでの面会が明るみに出て、ロシアに関する捜査から身を引かざるを得なくなった。FBIが選挙期間中のロシアの介入について専任部署を立ち上げたことが、事の重大さを浮き彫りにしている。選挙中のトランプ陣営とロシアとの関係に関する疑問はなくなってもいなければ、なくなるべきでもない。

 コミ-氏解任という決定が、トランプ氏の政治課題全体を危険にさらしている。同氏は、医療保険制度改革法(オバマケア)代替案の上院可決を目指している。また、野心的な税制改革については、下院に提出できるようになるまでに具体化しなければならない。かつてトランプ氏が選挙戦のテーマに掲げたインフラ投資は、大統領当選以降ほとんど議論されていない。しかし、ロシア問題が解明されない限り、民主党が協力しない理由はいくらでもある。共和党は上院でわずかに過半を超える議席しか持っていないため、トランプ氏は自身の共和党内にいる反対議員の意向に左右される立場にある。

ロシア問題捜査で特別検察官の任命を

 しかし、最大の危険は政府の機能不全ではない。米政府はそうしたことは知り尽くしている。問題なのは、トランプ政権が概して自ら問題を招いている点だ。トランプ氏は慣例や伝統を軽視している。だがそうであっても、このように慎重さが求められる件で気まぐれに行動しては、トランプ氏に与えられた職責や政府自体に対する信頼が損なわれてしまう。ウォーターゲート事件と比較するのは時期尚早だが、トランプ氏は危険な領域に足を踏み入れてしまった。

 トランプ氏はかつて、その独立性でコミ-氏を褒めたたえたことがあった。そのコミ-氏を突然解任すると決定したことで、選択肢はなくなった。大統領は直接、間接的にもロシア捜査を監督することはできない。であれば、政権に捜査関与をさせないために、議会が選んだ委員会と並行して、特別検察官を任命することが唯一の解決策だ。

 イラン・コントラ事件やビル・クリントン政権のときをみても、特別検察官の歴史は完璧とはほど遠い。しかし、政治制度の尊厳は、非の打ちどころのないほどの独立した捜査にかかっている。共和党は国の利益を第一に置き、それを要求すべきだ。

(2017年5月11日付 英フィナンシャル・タイムズ紙 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

難民に対するメルケル独首相の門戸開放政策は同国メディアから称賛された(8日、ハンブルク)=AP

AP

[FT]偏っていた独メディアの難民危機報道 [有料会員限定]

 ドイツのメディアは2015年の難民危機の際、あまりにも批判能力を欠いていたことで、メルケル首相が自由に門戸開放政策を実施できるようにし、難民流入に危機感を募らせた人々が当然抱く懸念の代弁はしなかった…続き (7/25)

IMFは中国の今年の経済成長率見通しを上方修正した(上海の金融街)=ロイター

ロイター

[FT]米国頼みではなくなった世界経済(社説) [有料会員限定]

 世界金融危機以降、世界経済の回復はおおむね米国頼みだった。その米国経済は今年、いささか期待外れで大規模な財政出動の見通しも薄れている。そうしたなか、中国とユーロ圏、日本が穴を埋めるようになったのは朗…続き (7/25)

エクスペディアのダラ・コスロシャヒCEO

[FT]エクスペディアCEO、音声支援で大競争に挑む [有料会員限定]

 ダラ・コスロシャヒ氏がエクスペディアという会社のことを初めて聞いたのは、新しいミレニアム(千年紀)が始まろうとしているドットコムバブル絶頂期だった。米メディア企業IACに勤めていたコスロシャヒ氏は、…続き (7/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<7/24の予定>
  • 【国内】
  • 加計学園問題を巡る衆院閉会中審査
  • 6月の白物家電出荷額(JEMA、10:00)
  • 5月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 6月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 4~6月期決算=カブコム
  • 【海外】
  • 6月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 7月の仏購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 7月の独PMI速報値(16:30)
  • 7月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 7月の米購買担当者景気指数(PMI)速報値(IHSマークイット、22:45)
  • 6月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • 海外4~6月期決算=アルファベット(グーグル)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/25の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 日銀金融政策決定会合の議事要旨(6月15~16日開催分、8:50)
  • 加計学園問題を巡る参院閉会中審査
  • 40年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 6月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 片岡・鈴木日銀審議委員が就任会見(17:00)
  • 4~6月期決算=信越化、三菱自
  • 【海外】
  • 7月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 7月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC、26日まで)
  • 4~6月期決算=デュポン、ユナイテッド・テクノロジーズ、スリーエム(3M)、ゼネラル・モーターズ(GM)、キャタピラー、マクドナルド、アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)、AT&T
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/26の予定>
  • 【国内】
  • 6月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 中曽日銀副総裁が金融経済懇談会であいさつ(広島市、10:30)
  • 4~6月期決算=日電産、アドテスト、任天堂、丸八証券
  • 1~6月期決算=LINE
  • 【海外】
  • 4~6月期の豪消費者物価指数(CPI、10:30)
  • 6月のシンガポール鉱工業生産
  • 4~6月期の英国内総生産(GDP、速報値、17:30)
  • ブラジル中銀が政策金利を発表
  • 6月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表(27日3:00)
  • 4~6月期決算=フェイスブック、フォード・モーター、コカ・コーラ、ボーイング
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/27の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 4~6月期決算=日清粉G、積水化、日立金、日立建機、富士電機、オムロン、富士通、エプソン、アルプス、キーエンス、日産自、HOYA、東エレク、H2Oリテイ、三井住友トラ、SBI、大和、松井、沢田HD、NTTドコモ、大ガス
  • 1~6月期決算=花王、中外薬、キヤノン
  • 1~6月の中国工業企業利益(10:30)
  • 6月の米耐久財受注額(21:30)
  • 週間の米新規失業保険申請件数(21:30)
  • 海外4~6月期決算=アマゾン・ドット・コム、インテル、ツイッター、ベライゾン・コミュニケーションズ、スターバックス、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/28の予定>
  • 閣議
  • 6月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 6月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 6月の家計調査(総務省、8:30)
  • 6月の全国・7月の都区部消費者物価指数(CPI)(総務省、8:30)
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(19~20日開催分、8:50)
  • 6月の商業動態統計速報(経産省、8:50)
  • 4~6月期決算=ヤクルト、野村不HD、武田、アステラス、OLC、ヤフー、コニカミノル、ガイシ、新日鉄住金、神戸鋼、フジクラ、豊田織、コマツ、ジェイテクト、日立、OKI、ルネサス、シャープ、TDK、デンソー、ファナック、京セラ、今村証券、日野自、アイシン、リコー、野村、岡三、丸三、東洋、東海東京、水戸、いちよし、日本取引所、マネックスG、極東証券、岩井コスモ、藍沢、インヴァスト、JR東日本、JR西日本、JR東海、東電HD、中部電、関西電、東ガス
  • 1~6月期決算=ヒューリック、協和キリン
  • タイ市場が休場
  • 4~6月期の仏GDP(速報値、14:30)
  • 7月の独CPI速報値
  • 4~6月期の米実質国内総生産(GDP)速報値(21:30)
  • 4~6月期の米雇用コスト指数(21:30)
  • 7月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(29日2:20)
  • 海外4~6月期決算=メルク、エクソンモービル、シェブロン
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]