ウクライナ首相が辞意表明 大統領派との連立は維持

2016/4/11 8:24
共有
保存
印刷
その他

 【モスクワ=古川英治】ウクライナのヤツェニュク首相は10日のテレビ番組で、12日に議会に辞表を提出すると表明した。ポロシェンコ大統領派との連立は維持するとして、大統領派が首相後任に推すグロイスマン議会議長を支持する姿勢を示した。汚職対策の遅れに批判が高まり、連立政府から2党が離脱するなど、政局混乱が深まっていた。

 首相は「(ロシアとの)戦争中に政治指導部が不安定になることは許されない」と語り、早期の組閣を訴えた。大統領の第1党とヤツェニュク首相の第2党で構成する連立政府は議会で過半数を割っており、組閣には少数政党の支持を取り付け、新たな連立を組む必要がある。

 ヤツェニュク氏は2014年の政変で樹立した親欧米政権で首相に就任した。親ロ派武装勢力が実効支配する東部でロシアの軍事介入を受けながら、国際通貨基金(IMF)が支援する改革を担ったが、汚職対策が進まず、支持率が落ち込んだ。2月には改革派の閣僚が辞意を表明、少数政党2党が連立を離れ、辞任圧力が強まっていた。

 バイデン米副大統領は同日、ヤツェニュク首相と電話で協議し、IMFの支援プログラムに沿った改革の続行を求めた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:01
東北 1:16
23日 23:30
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 23日 23:30
23日 4:00
北陸 22日 7:00
22日 7:00
関西 22日 7:01
22日 7:01
中国 22日 7:00
22日 7:00
四国 22日 7:01
22日 7:00
九州
沖縄
23日 6:00
22日 8:07

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報