女性票、トランプ氏に4割 クリントン氏伸びず

2016/11/9 12:59 (2016/11/9 14:12更新)
保存
印刷
その他

 【ワシントン=川合智之】8日投開票した米大統領選は、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)が民主地盤の州で思わぬ苦戦を強いられた。共和党候補の不動産王ドナルド・トランプ氏(70)が白人労働者の支持を受け、激戦州を切り崩した。女性や中南米系(ヒスパニック)らの動向が影響した可能性がある。

投票所に訪れたクリントン夫妻=ロイター
画像の拡大

投票所に訪れたクリントン夫妻=ロイター

 クリントン氏は民主の地盤であるニューヨーク州(選挙人29人)などの東部や、カリフォルニア州(55人)などの西海岸で得票を重ねた。トランプ氏は白人が多く保守的な西部や南部などを固めた。

 トランプ氏は激戦州の中西部オハイオ州(18人)で勝利した。米製造業が集まり、白人労働者を基盤とするトランプ氏が重視してきた。人種構成などが全米平均に近いため「米国の縮図」と呼ばれ、ここ50年、同州で負けた候補は大統領に当選していない。

 大票田の南部フロリダ州(29人)も勝った。カリブ海などから中南米系の移民が増えているが、温暖な気候で引退した白人高齢者の移住も多い。トランプ支持者の多い白人か、クリントン支持者の多い中南米系か、どちらが動くかが焦点だった。

投票所に訪れたトランプ夫妻=AP
画像の拡大

投票所に訪れたトランプ夫妻=AP

 クリントン氏は両州で敗れても、過去6回の大統領選で民主が勝っている東部ペンシルベニア州(20人)などを取れば、当選に近づくとの読みがあった。ただこうした民主地盤の州でもトランプ氏は予想外の善戦をみせた。

 クリントン氏の苦戦の原因は、女性票が伸びなかったことだ。全米約2万2千人から回答を得た米メディアの出口調査では、女性の投票先はトランプ氏が40%に対し、クリントン氏は54%にとどまった。白人女性に限ればトランプ氏が51%と過半数を獲得、クリントン氏は43%と下回った。

 トランプ氏はわいせつな女性蔑視発言の発覚で女性票を失ったとみられていたが、影響は大きくなかったようだ。クリントン氏は「女性初の大統領」をめざしたが、女性票で大きな差をつけられなかった。

 2012年大統領選の出口調査で13%だった黒人は、今回12%に下がった。中南米系も1ポイント増の11%と微増にとどまった。トランプ氏の移民への差別発言を受けて少数派はクリントン氏を支持していたが、投票率は伸びなかったもようだ。

保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 25日 7:01
25日 7:00
東北 25日 7:01
25日 7:00
関東 25日 7:01
25日 7:01
東京 25日 7:00
25日 7:00
信越 25日 7:00
25日 7:00
東海 25日 12:47
25日 7:05
北陸 25日 6:32
25日 6:28
近畿 25日 6:00
25日 6:00
中国 25日 6:31
25日 6:28
四国 25日 6:32
25日 6:25
九州
沖縄
25日 2:00
25日 1:32

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報