仏北部に再び難民流入 海峡越え英国めざす、治安悪化の恐れ

2017/8/9 0:36
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 【パリ=白石透冴】フランス北部の都市カレーで再び難民・移民が増え、治安悪化を懸念する仏政府が対応に乗り出した。同地にあった難民キャンプは2016年10月に解体されたが、ドーバー海峡の向こうの英国を目指す人々の流入が続いている。問題が長引けば仏英で難民・移民への感情が悪化しかねない。

 コロン仏内相は7月末、カレー近郊に臨時で2カ所の難民・移民の受け入れ施設を造ると発表した。道路脇で寝るなど劣悪な環…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

カレー都市カレーフランス政府

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 17日 7:01
17日 7:00
東北 17日 7:00
17日 7:00
関東 17日 7:01
17日 7:00
東京 17日 7:00
17日 7:00
信越 17日 7:01
17日 7:01
東海 4:00
2:40
北陸 17日 7:01
17日 7:00
関西 1:52
17日 23:11
中国 17日 7:01
17日 7:01
四国 17日 7:02
17日 7:01
九州
沖縄
1:50
17日 22:04

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報