ロシアが反発「でっち上げ情報に基づく国際法違反」
米シリア攻撃受け

2017/4/7 16:23
共有
保存
印刷
その他

 【モスクワ=古川英治】ロシアのペスコフ大統領報道官は7日、米軍によるシリア攻撃について「でっち上げ情報に基づく主権国家への攻撃であり、国際法違反だ」と批判した。シリアのアサド政権は化学兵器を保有していないと述べ、同政権が反体制派への攻撃に使用したとの情報は「でっち上げ」と主張した。

 ロシアのプーチン政権はアサド政権を支援するため、「対テロ」の名目でシリアに軍事介入した。2016年末に反体制派の要衝であるアレッポを陥落させ、政権側と反体制派の和平協議を主導。アサド政権の退陣を求める米欧に対し、政権の存続を主張し、シリアとイラクにまたがる過激派組織「イスラム国(IS)」掃討で協力するよう働き掛けていた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:01
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:00
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 0:00
23日 23:42
北陸 23日 7:01
23日 7:00
関西 23日 6:01
23日 6:00
中国 23日 7:02
23日 7:01
四国 23日 12:00
23日 7:02
九州
沖縄
23日 21:39
23日 21:38

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報