中国当局、レクサスも独禁法調査 欧米大手に続き

2014/8/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 【北京=阿部哲也】トヨタ自動車が中国の独禁法当局の調査対象になっていることが7日、分かった。高級車「レクサス」の新車や補修用部品の価格を不正につり上げる独禁法違反の疑いがあるとみて、調査を進めているもようだ。中国当局はすでに独高級車アウディなど欧米大手に対しても同様の調査に乗り出しており、日本の大手メーカーも含めた大規模な摘発に発展する可能性が出てきた。

 レクサスの輸入販売を統括するトヨタの中国…

関連キーワード

トヨタ、レクサス、アウディ、メルセデス・ベンツ、クライスラー、中国

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
9/03 大引
18,182.39 +86.99 +0.48%
NYダウ(ドル)
9/03 10:48
16,499.53 +148.15 +0.91%
ドル(円)
9/03 23:43
120.26-28 +0.21円安 +0.17%
ユーロ(円)
9/03 23:43
133.71-74 -1.44円高 -1.07%
長期金利(%)
9/03 15:30
0.400 +0.010
NY原油(ドル)
9/02 終値
46.25 +0.84 +1.85%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報