Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]世界経済、今年は伸びるが… 先行きには懸念材料

(1/2ページ)
2017/1/8 2:00
保存
印刷
その他

Financial Times

 今年の世界経済はどうなるか。「成長する」というのが最も妥当な答えだ。昨年の今ごろ筆者が書いたように、世界経済で最も驚くのは、1950年代初頭から毎年成長しているという事実だ。2017年も拡大するのは確実といってよく、16年より成長率が高まるかもしれない。

 経済成長の予測は近代世界ではほぼ間違いなく最も重要なことだ。一貫した成長が見られるのは比較的最近だ。世界経済は1900年から47年にかけ、5年に1度の割合で縮小した。第2次世界大戦以降は様々な政策のおかげで、成長がより安定している。

米技術革新と新興国がけん引

 これは世界が2度の世界大戦と大恐慌のような「大失敗」をせずに済んできたからでもある。米経済学者の故ハイマン・ミンスキー氏が論じたように、各国が金融制度を積極的に活用し、景気後退期には財政赤字になるのもいとわず、また経済規模に見合う以上に政府支出を拡大したためでもあった。

トランプ政権の世界経済への影響はまだ明確ではないが、リスクではある=AP
画像の拡大

トランプ政権の世界経済への影響はまだ明確ではないが、リスクではある=AP

 持続的な経済成長には2つの強い力が働いている。世界経済の最先端を行く国、とりわけ米国での技術革新と、新興国による追い上げだ。この2つは連関している。先端的な国々で革新が進むほど、追い上げの余地が大きくなるからだ。過去40年で最も良い例が中国だ。(誇張されているかもしれないが)公式統計では、中国人1人当たりの国内総生産(GDP)は78年から2015年にかけ、23倍に増えた。もっとも、経済拡大が始まった時点ではあまりにGDPが小さかったため、1人当たりの平均は15年時点でも米国のわずか4分の1で、ポルトガルの半分でしかない。中国はまだ追い上げ余地がある。15年の1人当たりGDPが米国の1割程度でしかなかったインドはさらに伸び代がある。

 購買力平価でみて、今年の世界経済の成長率は3%を上回る可能性が非常に高い。1950年代初頭以降、成長率が3%を下回ることはほとんどなかった。実際、2%に届かなかった年は75年、81年、82年、2009年の4回しかない。最初の3回は中東戦争が引き金となった石油危機と、米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めによるディスインフレが要因。4回目は08年の金融危機の結果だ。

インフレなどに潜在リスク

 これは1900年以降の状況とも合致する。つまり、世界経済には3つの不安定要因がありそうだ。大がかりな戦争とインフレ、そして金融危機だ。どれも起こる確率は極めて低いが発生したら影響が甚大な「テールリスク」であり、世界経済の大きな下振れ要因として考えておかなければならない。これらは「既知の未知」(答えはわからないが、問題自体は認識されていること)の領域に入る。

中国政府は金融破綻を防ぐ方策を持ち合わせているように見える=共同
画像の拡大

中国政府は金融破綻を防ぐ方策を持ち合わせているように見える=共同


 アナリストらはここ数年、量的緩和を続ければ必ずハイパーインフレになると信じてきた。それは間違っている。しかし、米国が積極的な財政出動をし、FRBに金融引き締め反対の圧力がかかれば、中期的にはインフレになり、その後ディスインフレに陥るかもしれない。2017年については、トランプ次期政権が積極財政をとっても、そうはならないだろう。

 世界的に重大な影響を及ぼす金融危機については2つのリスクが顕著だ。ユーロ圏の崩壊と中国の危機だ。ただ、どちらもあり得なくはないが、可能性は高くないかもしれない。ユーロ圏維持に向けた意志は依然、かなり強いし、中国政府は金融破綻を防ぐ方策を持ち合わせているだろう。

 地政学的な3つ目のリスクに関しては筆者は昨年、英国が欧州連合(EU)から離脱し、米大統領に「好戦的で無知な人物」が選出される可能性に触れた。どちらも現実になった。後者の影響はまだわからない。

 その他の地政学的リスクも容易に列挙できる。恐らく極右政党・国民戦線のルペン党首のフランス大統領選出や新たな難民流入などにより、EUが政治的に非常に困難な状況になること、失地回復を目指すロシアのプーチン大統領の動き、トランプ政権の下での米国と習近平国家主席が率いる中国との間のあつれき、イランとサウジアラビアの不和、サウジアラビア王家が倒される可能性、イスラム過激派による戦争の脅威――などだ。北朝鮮の威嚇行為や、インドとパキスタンの紛争などを見れば、核戦争のリスクも忘れてはならない。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ジャカルタのスーパーで販売されているユニリーバの歯磨き粉。同社は新興国での売上高が全体の半分以上を占める=ロイター

ロイター

[FT]買収拒んだユニリーバ、無策が最善(社説)

 何もするな──そこに座っていろ。古いジョークで禅の「公案」にもなりそうだが、おろそかにはできない。動かないことが得策の場合でも、絶えず行動を取るよう求める圧力にさらされる上場企業の取締役会には、特に…続き (2/27)

中国の製造業の賃金はギリシャやポルトガルの水準に迫る勢いで伸びている=ロイター

ロイター

[FT]中国製造業の賃金、過去10年で3倍に

 中国は、過去10年間ですさまじい成長を遂げ、製造業の賃金が3倍になった。平均賃金はブラジルやメキシコなどの国々を追い抜き、ギリシャやポルトガルに迫る勢いだ。
 英調査会社ユーロモニター・インターナショ…続き (2/27)

イラスト James Ferguson /Financial Times

[FT]崩れゆく民主的価値観 漂う独裁への誘惑

 ベルリンの壁崩壊後、「民主化の波」が起きた。政治的自由の伝統的な牙城である西欧と米国から、ポーランドや南アフリカ、インドネシアといった大きく異なる国々が相次ぎ民主化を遂げた。
 ところが、このプロセス…続き (2/26)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<2/27の予定>
  • 【国内】
  • 九恒自販連会長が記者会見(11:00)
  • 2月のQUICK債券月次調査(11:00)
  • 1月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 三村日商会頭が記者会見(13:30)
  • 清田日本取引所CEOが記者会見(15:30)
  • 1月の自動車各社の生産・販売実績
  • 【海外】
  • 1月の米耐久財受注額(22:30)
  • 1月の米仮契約住宅販売指数(28日0:00)
  • 台湾市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/28の予定>
  • 閣議
  • 1月の鉱工業生産速報(経産省、8:50)
  • 1月の商業動態速報(経産省、8:50)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 小林経済同友会代表幹事の会見(13:00)
  • 1月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
  • 1月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 1月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
  • 2月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • 2月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(19:00)
  • 2016年10~12月期のインドの国内総生産(GDP)
  • 台湾市場が休場
  • 16年10~12月期の米実質GDP改定値(22:30)
  • 16年12月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(23:00)
  • 2月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)(23:45)
  • 2月の米消費者信頼感指数(1日0:00)
  • トランプ米大統領が議会演説(1日)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/1の予定>
  • QUICKコンセンサスDI(2月末時点、8:30)
  • 16年10~12月期の法人企業統計(財務省、8:50)
  • 16年10~12月期の豪GDP(9:30)
  • 2月の中国製造業PMI(10:00)
  • 2月の中国非製造業PMI(10:00)
  • 佐藤日銀審議委員が金融経済懇談会であいさつ(徳島市、10:30)
  • 2月の財新中国製造業PMI(10:45)
  • 佐藤日銀審議委員が記者会見(徳島市、14:00)
  • 2月の新車販売(自販連、14:00)
  • 2月の軽自動車販売(全経協、14:00)
  • 2月のインドネシア消費者物価指数(CPI)
  • 韓国市場が休場
  • 2月の独失業率(17:55)
  • 1月のユーロ圏失業率(19:00)
  • 2月の独CPI速報値
  • 2月の米新車販売台数
  • 1月の米個人所得(22:30)
  • 1月の米個人消費支出(PCE)
  • 2月のISM製造業景況感指数
  • 1月の米建設支出(2日0:00)
  • カナダ中銀が政策金利を発表(2日0:00)
  • 地区連銀経済報告(ベージュブック)(2日4:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/2の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 2月のマネタリーベース(日銀、8:50)
  • 1月の豪住宅着工許可件数(9:30)
  • 1月の豪貿易収支(9:30)
  • 3カ月物国債の入札(財務省、10:20)
  • 10年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 2月の財政資金対民間収支(財務省、15:00)
  • ファストリが2月の国内ユニクロ売上高を発表(15:00過ぎ)
  • マレーシア中央銀行が政策金利を発表
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/3の予定>
  • 閣議
  • 1月の全国・2月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 1月の家計調査(総務省、8:30)
  • 1月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 1月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 3月の当座預金増減要因見込み(日銀、8:50)
  • 2月の財新中国非製造業PMI(10:45)
  • 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が16年10~12月期の運用実績を公表
  • 1月のユーロ圏小売売上高(19:00)
  • 2月のISM非製造業景況感指数(4日0:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長があいさつ(4日2:00)
  • フィッシャーFRB副議長が講演(4日3:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]