米、電気自動車の充電設備拡充 パリ協定発効受け

2016/11/4 11:08
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=川合智之】オバマ米政権は3日、2020年以降の温暖化対策「パリ協定」の発効を受け、電気自動車の新たな推進策を発表した。48の主要高速道路に充電設備を最大約80キロメートルごとに設け、電池切れを恐れず移動できるようにする。電気自動車の普及を促し、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する。

 米本土の東西35州にまたがる約4万キロメートルの高速道路で充電設備を設置する。日産自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)、独BMWのほか、電力会社、州政府などと連携。最大45億ドル(約4600億円)の債務保証も発表した。

 連邦・州政府は公用車として電気自動車の調達も増やす。充電設備は全米で約1万6千カ所あり、運転手が見つけやすくするために専用の道路標識も新たにつくる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

米国政府電気自動車日産自動車BMWGM充電設備

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 13:47
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 6:32
5:55
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報