アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

中国、韓国旅行の自制呼びかけ THAAD巡り対抗

2017/3/4 0:44
共有
保存
印刷
その他

 【北京=山田周平】中国国家旅遊局は3日、中国人の韓国旅行に関し「旅行のリスクを認識し、目的地を慎重に選ぶように」と自制を呼びかける談話を発表した。韓国が地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備を受け入れたことへの対抗措置とみられる。業界関係者によると、同局は同日、旅行会社に韓国旅行の取り扱いを中止するよう通達した。

THAAD配備先に選定された韓国・慶尚北道星州郡のゴルフ場=聯合・共同

THAAD配備先に選定された韓国・慶尚北道星州郡のゴルフ場=聯合・共同

 旅遊局は同日、韓国・済州島で中国人旅行客が不当に入国を拒否される例が急増しているとして、北京の韓国大使館に厳重な申し入れを行ったと発表。そのなかに「旅行の前に、韓国の入国政策を真剣に理解せねばならない」と旅行客に自制を促す内容を盛り込んだ。

 済州島は中国人旅行客の査証(ビザ)を免除しており、海外旅行の有力な行き先のひとつ。中国側は自制の呼びかけとTHAAD配備の関連には触れていないが、韓国の観光業界に打撃を与える狙いがあるようだ。

 中国ではロッテがTHAAD配備の受け入れを決めた2月末以降、同社製品のボイコットなど韓国への反感が強まっている。中国外務省の耿爽副報道局長は同日の記者会見で「関係者が民衆の声に耳を傾けることを望む」と述べ、ボイコットを事実上肯定する意向を示した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

THAAD韓国旅行旅行中国韓国ロッテ

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]