東京農工大、ALS発症の一端解明 遺伝子に異常

2014/11/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ■東京農工大学 高橋信弘教授らはALS(筋萎縮性側索硬化症)になるメカニズムの一端を解明した。細胞の遺伝子に異常が起きると、エネルギーを作るミトコンドリアの働きがおかしくなり、細胞の寿命を縮めていた。運動に関する神経細胞でも同様の仕組みで細胞が死に、ALSが発症すると研究チームはみている。今回の遺伝子を標的にした治療薬開発を製薬企業と共同で進めたい考えで、10年以内の創薬を目指す。

 A…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

高橋信弘ALSALS発症東京農工大学エネルギー

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 27日 7:01
27日 7:00
東北 27日 7:02
27日 7:01
関東 27日 7:01
27日 7:01
東京 27日 7:01
27日 7:00
信越 27日 7:00
27日 7:00
東海 27日 14:00
27日 7:05
北陸 27日 6:10
27日 6:01
関西 27日 6:02
27日 6:00
中国 27日 6:02
27日 6:00
四国 27日 6:02
27日 6:00
九州
沖縄
1:07
27日 2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報