福島第1廃炉へ米仏と連携 政府、溶けた核燃料搬出

2016/3/13 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 政府は東京電力福島第1原子力発電所の廃炉に向け2016年度から米国、フランスと技術開発で連携する。炉心溶融(メルトダウン)に伴って溶け落ちた核燃料の取り出しなど、難易度が高い分野で共同研究に取り組む。事故から5年がたち、廃炉工程は原発解体の本丸に差し掛かりつつある。「原子力先進国」である米仏の知識や技術を取り込み、困難とされる廃炉の完了を目指す。

 文部科学省が米エネルギー省、仏国立研究機構と組む…

電子版トップ

関連キーワード

東京電力福島第1原子力発電所廃炉技術核燃料取りフランスメルトダウンアレバキュリオン三菱重工業日立GEニュークリア・エナジー東芝

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中 お申し込みは10/10まで

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報