ソフトバンク、アローラ氏に報酬165億円 孫氏後継候補

2015/6/20付
共有
保存
印刷
その他

 ソフトバンクが昨年9月に米グーグルから招いたニケシュ・アローラ氏(47)に対し、2015年3月期に165億円余りの報酬を支払ったことが19日提出した有価証券報告書で分かった。アローラ氏は同日付で副社長に就任した。孫正義社長が「最重要の後継候補」と表明しており、破格の巨額報酬で迎え入れた。

 有価証券報告書によると、アローラ氏には総額165億5600万円の報酬が支払われた。このうち株式による報酬が19億9500万円で、総額には入社に伴う契約金を含んでいる。孫社長の前期の役員報酬は1億3100万円で、これとは別に保有する自社株から100億円の配当を受け取った。

 米フォーブスの調べでは、米主要企業の経営者で13年に報酬が最も多かったオラクルのラリー・エリソン最高経営責任者(当時)ですら7840万ドル(約96億円)だった。国内では高額報酬で話題を呼んだ日産自動車のカルロス・ゴーン会長兼社長が9億9500万円(14年3月期)を受け取った。アローラ氏はこれらを大きく上回った。

 アローラ氏はインド出身。ドイツテレコムの携帯電話子会社Tモバイルの欧州部門幹部などを経て04年にグーグルに移った。同社の幹部時代に孫社長と出会った。インターネット事業などの議論を交わすなかで「人格や洞察力、情報革命への情熱にほれ込んで口説き落とした」(孫社長)。

 昨年9月のソフトバンクへ移籍後は、孫社長と二人三脚でアジアのネット企業への投資を加速してきた。今月3日に発表した韓国のネット通販大手フォワード・ベンチャーズへの10億ドル(約1230億円)の出資はアローラ氏が主導した。

 ソフトバンクが前期に株主に支払った配当の総額は475億円だった。アローラ氏が受け取った報酬はその約3分の1に当たる規模だ。

 ソフトバンクは利益の8割を国内通信事業で稼ぐ構造から脱し、海外展開を加速する方針。戦略を実行する上で、孫社長はアローラ氏を最も重要な後継者候補と宣言していた。同社が19日に都内で開いた定時株主総会で取締役に選任され、代表権を持つ副社長に就任した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
25日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 22:40
22:30
北陸 7:01
7:00
関西 22:03
14:41
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
21:52
21:45

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報