年金、強制徴収を所得300万円以上に拡大 納付率上げ

2016/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 厚生労働省と日本年金機構は、国民年金保険料の強制徴収の対象を広げる。現在は年間所得350万円以上の滞納者に実施しているが、2017年度から300万円以上にする。国民年金保険料の納付率は60%程度で低迷している。保険料の滞納に厳しく対処し、納付率の向上を狙う。

 保険料の徴収を担当する年金機構は、滞納が続いた人にまず文書や電話、戸別訪問などで納付を求めている。このような要請にも応じない場合、一定以上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

関連キーワードで検索

厚生労働省日本年金機構納付率保険料年金強制徴収

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:01
22日 7:01
東海 0:14
22日 14:00
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 22日 6:29
22日 6:28
中国 22日 6:02
22日 6:01
四国 22日 6:02
22日 6:01
九州
沖縄
22日 16:04
22日 2:05

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報