アジア開銀や三菱UFJ、新エネでファンド 900億円規模

2015/9/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 アジア開発銀行(ADB)と三菱東京UFJ銀行、オリックスなどはアジアの次世代エネルギー産業に投資する7.5億ドル(約900億円)規模のファンドを設立する。ADBが環境ビジネスに投資するファンドを日本の金融機関と運営するのは初めて。官民の支援で太陽光発電、バイオ燃料などの関連産業が育てば技術で先行する日本企業にとっても設備の輸出などを通じた市場拡大につながるとみている。

 ファンドは「アジア・クライ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 12:30
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 6:02
6:00
関西 6:32
5:58
中国 7:02
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
20:19
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報