長時間労働、子育て期の男性が最多 男女共同参画白書

2016/5/31 10:01
共有
保存
印刷
その他

 政府は31日の閣議で2016年版「男女共同参画白書」を決定した。1週間の労働時間が60時間を超える雇用者の割合が「子育て期と重なる30代や40代の男性で最も高い」と指摘した。少子高齢化に歯止めをかけるには、長時間労働の是正やテレワークといった場所や時間にとらわれない働き方の導入など、現役世代を取り巻く労働環境の改善が必要だとした。

 女性が社会で幅広く活躍できる環境づくりの必要性も訴えた。女性就業者の割合を産業別でみると、医療・福祉分野が75.3%、宿泊業・飲食サービス業が62.1%だったのに対し、電気・ガス・水道業は13.8%、建設業が15.0%と業種による差が目立った。

 白書では、理工分野や建設業など伝統的に女性が少ない産業や分野でも女性が活躍できる社会づくりが重要だとした。科学技術のイノベーション(技術革新)を加速させるには、いわゆる「リケジョ」を増やしていく必要があるとも指摘した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

子育て期

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 11:22
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:01
関西 6:00
6:00
中国 6:32
6:25
四国 6:32
6:25
九州
沖縄
7:00
7:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報