アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

首相、大型連休は別荘で 北朝鮮情勢にらみ静養

2017/4/30 19:01
共有
保存
印刷
その他

 安倍晋三首相はロシア・英国での一連の外交日程を終え、5月の大型連休を利用して本格的な静養に入る。2日に宮城県での東日本大震災の被災地視察後、3日から山梨県にある自らの別荘で過ごす予定だ。北朝鮮が弾道ミサイル発射など挑発行動を繰り返しており「国際情勢をにらみながらの休息」(周辺)となりそうだ。

 「安倍内閣は現在、働き方改革を進めている。私も十分に英気を養いたい」。首相は29日、訪問先の英ロンドンでの記者会見で、率先して休む考えを示した。5月3~7日を静養に充て、山梨県鳴沢村の別荘に滞在するなどして、友人らと趣味のゴルフやバーベキューを楽しむとみられる。

 ただ北朝鮮は4月29日にも弾道ミサイルを発射し、朝鮮半島情勢は予断を許さない状況が続く。政府は自然災害、北朝鮮問題といった緊急事態に万全の態勢を取ると強調するだけに、「仕事を全て忘れて休むわけにもいかない」(政府関係者)のが実情だ。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

政府安倍晋三別荘

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]