アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

サミット閉幕、成長底上げ、見えぬ実効

2016/5/28 1:22
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の首脳宣言は、世界経済が低成長に陥るリスクに主要7カ国(G7)が共同で対処する姿勢を明記した。議長の安倍晋三首相は自ら強く主張する財政出動に加えて金融緩和、構造改革の「3本の矢」を狙い通り宣言に盛り込んだ。ただ具体的な成長促進策は各国に任され、G7政策協調の実効はみえない。

 8年ぶりの議長国となる日本はサミットの原点である世界経済を最重点の課題にした。G7の合意…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

キャメロン安倍晋三伊勢志摩サミットG7総論賛成

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]