東電、石油火力すべて停止へ コストと環境配慮

2016/3/26 2:01
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京電力は25日、2018年度中に石油火力発電所の運転を全て停止する方針を固めた。燃料コストが高く、環境性能でも見劣りするためだ。ガスなど新型火力への置き換えで対応する。石油火力の全基停止を打ち出すのは電力業界で初めて。他社も追随する可能性があり、発電方式で脱石油の流れが強まりそうだ。

 停止するのは広野火力発電所1~4号機(福島県)、鹿島火力1~6号機(茨城)、大井火力1~3号機(東京)の3カ所…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

東京電力石油火力石油太陽光発電ガス

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 28日 7:01
28日 7:00
東北 28日 18:01
28日 7:00
関東 28日 7:01
28日 7:00
東京 28日 7:01
28日 7:00
信越 28日 7:00
28日 7:00
東海 2:00
1:38
北陸 28日 7:01
28日 7:00
関西 2:00
2:00
中国 28日 7:01
28日 7:01
四国 28日 12:30
28日 7:01
九州
沖縄
28日 21:59
28日 21:37

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報