アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

ロシアに「親しみ感じない」76.9% 内閣府の世論調査

2016/12/24 18:26
共有
保存
印刷
その他

 内閣府が24日に発表した外交に関する世論調査によると、ロシアに「親しみを感じない」と答えた人は「どちらかというと感じない」を含め、76.9%にのぼった。1月の前回調査から2.4ポイント低下したものの、依然として高水準だった。安倍晋三首相はプーチン大統領と首脳会談を重ね、国内外に関係強化をアピールしてきたが「親しみを感じる」と答えた割合は微増にとどまった。

 中国に「親しみを感じない」「どちらかというと感じない」と答えた割合は80.5%。尖閣諸島などの領土問題を巡る対立も残り、関係改善が遅れていることが背景にあるとみられる。一方で「親しみを感じる」「どちらかというと感じる」との回答は同2.0ポイント増の16.8%となった。

 韓国に「親しみを感じない」「どちらかというと感じない」との回答は59.1%で同5.6ポイント低下。年代が下がるほど割合は低くなり、18~29歳は45.3%と半数を下回った。米国は「親しみを感じる」「どちらかというと感じる」がほぼ横ばいの84.1%だった。

 北朝鮮をめぐる関心事項を複数回答でたずねたところ「日本人拉致問題」が81.2%とトップだったが、同2.3ポイントの低下となった。一方で「ミサイル問題」は同11ポイント増加の71.5%になった。

 今後の国連平和維持活動(PKO)への参加は「これまで以上に積極的に参加すべきだ」との回答が同8.2ポイント低下の19.8%。「参加すべきだが、できるだけ少なくすべきだ」が同6.5ポイント増の19.2%と慎重論が強まった。

 調査は16年10月27日~11月6日に全国の18歳以上の男女3000人を対象に面接方式で実施。回収率は60.1%だった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]