貿易赤字、上半期は過去最大 燃料輸入膨らむ
5兆4270億円

2014/10/22付
共有
保存
印刷
その他

 財務省が22日発表した4~9月期の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は5兆4270億円の赤字だった。赤字額は前年同期から8.6%増え、上半期としては比較可能な1979年度以降で最大となった。円安で輸入額が押し上げられたほか、発電の燃料になる液化天然ガス(LNG)などの輸入増で輸入額が膨らんだ。

14年度上半期の国・地域別の貿易収支
輸出額輸入額差引額
総 額358,968
(1.7)
413,239
(2.5)
▲54,270
(―)
米 国65,504
(▲0.1)
37,178
(6.2)
28,325
(▲7.3)
E U37,277
(8.0)
39,917
(4.1)
▲2,640
(―)
アジア195,245
(1.2)
184,041
(3.2)
11,204
(▲23.1)
 中国66,434
(3.7)
90,793
(2.8)
▲24,358
(―)

単位億円、カッコ内は前年同期比増減率%、▲は減少または赤字、アジアには中国含む

 これまで上半期の赤字額としては2013年度の4兆9963億円が最も大きかった。下半期を含めた年度の半期ベースでみると、13年10月~14年3月期の8兆7592億円が過去最大だった。

 4~9月期の輸入額は41兆3239億円で前年同期比で2.5%増えた。LNGは原子力発電所の稼働停止を受けて火力発電向けの燃料としての需要が高まった。中国からの太陽光発電に使う部材やサウジアラビアからのナフサなどの輸入額も増えた。

 全体の輸入数量は0.1%減った。外貨建て取引の基準になる円相場の公示レートは平均で1ドル=102.55円で前年同期より4.1%円安・ドル高だったため、金額ベースでの輸入が膨らんだ。

 輸出額は35兆8968億円で1.7%増えた。輸出額が増えた主な品目には中国向けの金属加工機械や液晶デバイス、英国向けの自動車があった。全体の輸出数量は0.3%減った。

 主な国・地域別の貿易収支をみると、米国に対する黒字が2兆8325億円で7.3%減った。アジアとは23.1%減の1兆1204億円の黒字だったが、13年度下半期の貿易赤字からは黒字転換した。アジアのうち対中国は2兆4358億円の赤字で、赤字額は0.5%増えた。

 財務省が同日発表した9月の貿易収支は9583億円の赤字だった。赤字額は前年同月から1.6%増えた。赤字は27カ月連続。輸出額は6.9%増の6兆3831億円、輸入額は6.2%増の7兆3414億円だった。自動車の輸出額が増えた一方、LNGや携帯電話の輸入額も多かった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

LNG太陽光発電

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:02
6:01
中国 9:18
9:08
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
22日 21:38

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報