国家公安委員長、共謀罪「様々な視点から慎重に検討」

2015/11/20 11:55
共有
保存
印刷
その他

 河野太郎国家公安委員長は20日の閣議後の記者会見で、殺人などの重大犯罪で実行行為がなくても謀議に加われば処罰対象となる「共謀罪」について「日本は主要国首脳会議や五輪の開催国であり、テロ対策を様々な視点から考えないといけない」と述べた。同時に反対意見も強いとして「慎重に検討する必要がある」とも語った。

 菅義偉官房長官は記者会見で、共謀罪創設が国際組織犯罪防止条約の参加国に求められるとして「進めていく必要はあると思う」と指摘。一方で「これまでの国会審議で不安や懸念が示されてきた。慎重に検討しているのは全く変わっていない」と語った。岩城光英法相も記者会見で「法案を今後いつ国会に提出するかは未定だ」と述べた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

河野太郎共謀罪菅義偉

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:42
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:32
中国 7:01
7:01
四国 12:30
7:01
九州
沖縄
6:00
27日 22:45

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報