反保護主義に道険しく 日独首脳会談、日欧EPAが試金石

2017/3/21 1:23
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 【ハノーバー=三木理恵子】安倍晋三首相とドイツのメルケル首相は20日の首脳会談で、自由貿易体制の維持に向けて両国の結束を確認した。ただトランプ米政権は保護貿易主義的な政策を着々と進め、日独には米国との距離感で温度差がある。5月の主要7カ国(G7)首脳会議、7月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議に向け、保護主義の流れを食い止められるかは不透明だ。

 今回で14回目となる両首脳の会談はこれまでとは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

ドイツ政府安倍晋三トランプEUG7ドイツG20

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 20日 7:01
20日 7:01
東北 20日 7:01
20日 7:00
関東 20日 7:01
20日 7:01
東京 20日 7:01
20日 7:00
信越 20日 7:00
20日 7:00
東海 1:31
1:31
北陸 20日 7:01
20日 7:01
関西 20日 23:10
20日 7:53
中国 20日 6:02
20日 6:00
四国 20日 6:02
20日 6:00
九州
沖縄
20日 21:59
20日 21:57

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報