高額薬の負担軽減を提言 諮問会議の民間議員

2017/5/19 22:41
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)の民間議員は、医薬品の自己負担のあり方を見直すよう提案する。代替のきかない高額医薬品の自己負担を減らす一方、ビタミン剤など急を要しないものは負担を増やす。薬価も費用対効果を反映した算定方法とするよう求める。薬の利用にメリハリをつけて医療費の抑制を促す。

 民間議員は23日の同会議で提案する。薬の自己負担を巡っては、フランスを例に薬の種類によって自己負担の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:00
12:04
北陸 6:32
6:25
関西 12:50
6:30
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報