中古住宅市場を25年に倍増 住生活基本計画を閣議決定

2016/3/18 19:14
共有
保存
印刷
その他

 政府は18日、今後10年の住宅政策の方向性を定めた住生活基本計画を閣議決定した。中古住宅市場の規模を2025年に8兆円(13年は4兆円)に倍増させる目標を掲げた。リフォーム市場の規模を同12兆円(同7兆円)に拡大する目標も定めた。少子高齢化を背景に、新築中心から既存住宅を有効活用する住宅政策へと軸足を移す。

 空き家対策にも力を入れる。家主が長期不在などの空き家数(賃貸・売却用以外)を13年の318万戸から25年に400万戸程度とする目標を立てた。放置するより100万戸ほど増加を抑える。昨年5月に全面施行した空き家対策特別措置法で、市町村は危険な空き家の取り壊しができるようになった。国は空き家対策を促す税優遇なども使って対応していく。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

中古住宅市場

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:01
22日 7:01
東海 24日 15:30
24日 15:00
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 24日 19:29
24日 1:43
中国 22日 6:02
22日 6:01
四国 22日 6:02
22日 6:01
九州
沖縄
24日 23:40
24日 21:49

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報