アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

首相、北朝鮮への「圧力必要」 米副大統領と会談

2017/4/18 14:03
共有
保存
印刷
その他

 安倍晋三首相と来日したペンス米副大統領との会談が18日午後、首相公邸で始まった。首相は冒頭、北朝鮮情勢に触れ、「外交的に平和的に解決していかねばならないが、対話のための対話になっては意味がない。北朝鮮が対話に応じるように圧力をかけていくことも必要だ」と強調した。

会談を前に握手する安倍首相とペンス米副大統領(18日午後、首相公邸)=代表撮影

 トランプ米政権の対処方針には「すべての選択肢がテーブルにある、との考え方で対処しようとしていることを日本は評価する」と述べた。

 ペンス氏は「日米同盟は北東アジアの平和と安全保障の礎石だ。地域の安全のために連携することを非常に重視している」と応じた。北朝鮮情勢では「日本が絶えず受け続けている挑発の厳しい状態を理解している。米国は100%共にあると申し上げたい」と語った。

 会談には、日本側からは岸田文雄外相や世耕弘成経済産業相ら、米側からロス米商務長官らが同席した。会談時間は約1時間の予定だ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

政府安倍晋三岸田文雄世耕弘成北朝鮮米副大統領

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]