GDP 対象広げ正確に 統計改革案、知財・シェア経済も

2017/5/17 1:04
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 国内で生み出されたモノやサービスなどの価値を示す国内総生産(GDP)統計の改革に向けて、政府がまとめる最終報告の概要がわかった。IT(情報技術)の発達やサービス産業拡大に合わせて対象を広げるのが柱で、映画製作といった知的財産投資やシェアリング(共有)経済の組み入れを検討する。ガラパゴス化していた統計を世界標準に近づけ、正確な景気判断や政策立案につなげる。一連の改革がGDPを押し上げるとの観測が出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

GDPニッセイ基礎研究所日本銀行

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
25日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:02
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
2:00
25日 21:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報